中区・西区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 25 諏訪神社と諏訪町護り継がれた伝統あるお社と町名

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
諏訪町に鎮座する諏訪神社
諏訪町に鎮座する諏訪神社

 北方小学校を含む山手の丘にある諏訪町は諏訪神社がその町名の由来と言われても、武芸の神としての信仰も厚く、信州・諏訪大社を総本社とし全国に約2万5千社あるといわれる諏訪神社ですので、お社も町名も全国的に見てよくある組み合わせだと感じるかもしれません。諏訪町の諏訪神社は文治3(1187)年の創建とされ伝統あるお社です。

 諏訪町という町名は明治6(1873)年に誕生しましたが、すごいのはここからです。

 生麦事件をきっかけに慶応3(1867)年山手まで外国人居留地が拡張したことで、大正元(1912)年に現在地に至るまで諏訪神社は幾度か遷座したようですが、諏訪町の名前の由来からも、明治6年までには外国人居留地に囲まれた現在地付近で、諏訪町の方々に護られ、他社へ合祀されることもなく鎮座していたのではないかと思われます。また明治・大正期にかけては全国的に町名・字名の変更が重なり、戦後も住居表示の導入により名称や町域の変更が続きましたが、諏訪町は町域すらあまり変わっていません。開港場となり急速に都市化が進んだ横浜都心部ではとても珍しいことです。現在、諏訪神社は道路を背にして鎮座していますが、戦前には東の崖側に参道となる階段もあったようで、現在も地域の方々に大切に護られながら、諏訪町の地を見守るように鎮座しています。

 次回は諏訪神社から坂をゆっくり下っていこうと思っています。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

MMキャンパスの新学部発表

MM21街区NEWS【20】

MMキャンパスの新学部発表

神奈川大が開業見据え

7月18日号

「思いをつなぐ100年企業」

「思いをつなぐ100年企業」

(株)横滝滝 雄太代表取締役社長

7月18日号

こけら落としは「ゆず」

ぴあアリーナ 4月25日開業

こけら落としは「ゆず」

7月11日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS【18】

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月4日号

情報通信インフラを支える

MM21街区NEWS

情報通信インフラを支える

開業20周年の「横浜メディアタワー」

6月27日号

金曜の青空ライブラリー

MM21街区NEWS

金曜の青空ライブラリー

グランモール公園の移動図書館「はまかぜ号」

6月20日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク