中区・西区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

パシフィコ横浜 "野毛飲み"でおもてなし ハマの魅力発信し、訪日客招く

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
初めて飲む日本酒に「おいしい」と参加者たち。野毛の居酒屋でお酒と料理を楽しんだ(「鳥どり」にて)
初めて飲む日本酒に「おいしい」と参加者たち。野毛の居酒屋でお酒と料理を楽しんだ(「鳥どり」にて)

 パシフィコ横浜では国際会議の参加者など訪日外国人向けに、横浜の地域特性を生かした「おもてなし」の取り組みを強化している。7月29日と30日には、野毛の居酒屋を巡るプログラムが初めて活用された。

 「野毛おもてなしナイト」と名付けられた同プログラムは、訪日外国人などをターゲットとした飲食店や娯楽を楽しむ夜間の経済活動「ナイトタイムエコノミー」の促進や、MICE参加者を地域に送客する新しい「ユニークベニュー」開発の一つとして行われたもの。昨年6月に実証実験を行い、今回初の本開催となった。

 世界60カ国から研究者らが集まった国際シンポジウムの参加者に向けて募集を行い、7月29日と30日の2日間で約120人が参加。横浜に古くからあり下町の風情が残る野毛エリアの居酒屋を体験する内容(参加費は38ドル)で、参加店となった17店舗には座席が確保されており、好きなお店を選んでチケットを提示すると各店で1ドリンクとおつまみが付いたセットメニューが提供される仕組み。夜の7時から9時の間で1店舗につき1時間滞在し、計2店舗のはしご酒を楽しんだ。

街づくりのひとつに

 当日は会場周辺には運営サポートとしてコンシェルジュが配置されたほか、地元の学生ボランティアが参加し、周辺ガイドや道案内などを行った。

 友人と参加した外国人男性は「このイベントがなかったら滞在中にどう過ごしたらよいか分からなかった。会場(みなとみらい)との雰囲気の違いも面白い」と楽しんでいた様子。参加店では片言の英語や身振り手振りを使いながら接客し、宗教上で肉などが食べられない参加者に別メニューを提供するなど臨機応変に対応していた。店舗からは実証実験時同様「平日の売上につながった」と歓迎する一方、「一般のお客さんを受け入れられなくなると厳しい」と、人数の調整や週前半の開催を望む声も上がった。

 パシフィコ横浜では「今後参加店にヒアリングを行いながら内容を精査していきたい。街づくりの視点で地域活性にもつながれば」と話していた。
 

参加者の目印として専用のチケットフォルダーを用意
参加者の目印として専用のチケットフォルダーを用意

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/shobo/bosai/shobodan/shouboudan.html

【横浜消防】わが家の対策・自助

自分の命は自分で守る!地震が起きたときの準備、できていますか?

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

役割果たし 区切り

石川町の絵本カフェ

役割果たし 区切り 社会

街の活性化に貢献

2月27日号

1日限定の和菓子を販売

間門小×喜月堂

1日限定の和菓子を販売 教育

開校90周年祝い児童考案

2月27日号

埋立の歴史を演劇で

本牧南小

埋立の歴史を演劇で 教育

当時知る漁師「ありがとう」

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

障害者が本になり交流

山手の任意団体

障害者が本になり交流 社会

2月29日大和町でイベント

2月13日号

黄金町の巡回強化を要望

伊勢佐木警察署協議会

黄金町の巡回強化を要望 社会

旧違法風俗店の視察も

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 経済

IR推進に4億円

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク