中区・西区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

トップインタビュー 「信頼に応え続ける京急に」 京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

 ――みなとみらい21(MM)地区にできる京急グループ本社ビルへの移転が始まりますね。

 9月中旬から順次、引っ越します。現在、本社のある泉岳寺駅周辺は区画整理が進んでおり、3年ぐらい前から移転先を探していました。候補に川崎や羽田もありましたが、京急線のど真ん中に位置する横浜は、現場の人が来やすく司令塔として適しています。また、横浜は1931年に湘南電気鉄道に接続した記念の地でもある。線路の近くにある街区だったのも大きかったですね。

 ――本社1階にはミュージアムもできます。

 先日、修繕が完了した昭和初期の名車両デハ230形を展示します。また電車のシミュレータやジオラマなどもあり、多世代で楽しめる場所になると思います。近隣には資生堂やゼロックス、ヤマハなど見どころある企業があり、ぐるっと回るだけで1日楽しめるのでは。協力して地域を盛り上げていきたいです。

 ――これまで印象に残っている仕事は何ですか。

 1998年から計画営業部に所属し、運行や駅則に関して1から勉強できたのは今に繋がっています。羽田駅の開業時は、死ぬほど働きましたね(笑)。各鉄道会社と検討したICカードのPASMO導入も印象深い出来事でした。

 ――鉄道会社として大切にしていることは。

 やはり「信頼される京急」であり続けることです。安全に運行するのは当たり前にすべきこと。京急線は生活の足として街なかを走り、社会のために、地域と共に成長してきた鉄道会社です。沿線に住む人々や企業、街とは、一生おつきあいしていくので、「地域と一緒に」という気持ちはこれまでも、これからも変わりません。さらに地域との繋がりは、強くなっていくと考えます。

 ――これからの課題は。

 リスクの一番上に掲げているのは「人口減少」。そのために、沿線の活性化は不可欠です。再開発をしている品川、海外への玄関口となる羽田、本社移転する横浜が連携を密にし、元気を波及できれば三浦半島に住みたい人も増えるはず。そういう意味でも可能性は、ものすごくあると思います。

 ――今後の京急は。

 これまでの「信頼」には応えた上で、いい意味で期待を裏切りたいですね。「京急って、こんなことやるの?」と言わせたい。これからの新しいチャレンジにぜひ注目していてください。
 

中区・西区版のコラム最新6

交通事故防止へ講習

交通事故防止へ講習

置田運輸株式会社

11月26日号

MYCAL本牧

本牧 気まぐれ歴史散歩 39

MYCAL本牧

11月26日号

キャップ集め社会貢献

キャップ集め社会貢献 社会

エコキャップ推進協会

11月19日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

社食通じて意識啓発

社食通じて意識啓発

横浜銀行本店

11月12日号

「音楽の街・横浜の一員に」

トップインタビュー

「音楽の街・横浜の一員に」

ぴあ株式会社 アリーナ事業創造部 鈴木悠太部長 

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク