中区・西区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

「ガチでうまい横浜の商店街ハンバーグNo.1決定戦」で金賞に輝いた金葉の店主 林 先金さん 西区戸部町在住 52歳

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

顧客満足に飽くなき探求

 ○…自信作「金葉バーグ」が横浜の商店街ハンバーグ人気投票(「ガチ!」シリーズ)で頂点に輝いた。「うれしかったよ」と素直に喜ぶ。市商店街総連合会が主催するガチシリーズ初挑戦だった昨年はチャーハンをテーマに銀賞(得票4位)。そして2回目にして1位という結果に「2カ月間、研究を重ねました。自信満々だった」と頷いた。今回はハンバーグのイメージを覆す酸味の効いた中華風特製タレで勝負した。

 ○…中国福建省の出身。家族とともに台湾に渡り、飲食店を営んだ。その後、大陸に戻り父が経営するレストランで料理の腕を磨いた。職場で出会ったという夫人とともに「日本でやってみよう」と20代後半で訪日。横浜中華街の台湾料理「欣葉」で働き、最後は店長に。5年ほどして独立、西区に「金葉」を出店。今では常連客に支えられる繁盛店だ。来日当初、日本語はまったく話せなかったという。「ラジオを聴いて勉強した。若かったから1、2年で覚えたよ」と振り返った。

 ○…「研究熱心」と自負する。新鮮な野菜が入ったという話を聞けば駆け付け、また時間があれば和洋中を問わず食べ歩く。「都内にもよくでかけます」。週1日の休みも仕事のことで頭がいっぱい。「ホッとする時間なんかないね。もっとお店が盛り上がってから」と笑った。家族は夫人と長女、長男の4人。息子は店頭に立ち手伝う。いずれは引き継げたら―、そんな想いが垣間見える。

 ○…独立して早20年。これまでもオリジナルチキンライスなど特徴あるメニューを考案し、「お客さんに喜んでもらうことが一番」と走り続ける。その原動力は「せっかく日本に来たんだから成功したい」というハングリー精神だ。「大繁盛したら、のんびりしたいね」と本音もこぼした。

中区・西区版の人物風土記最新6

星野 大起さん

関内でカンボジア写真展を11月25日まで開催している

星野 大起さん

中区住吉町在勤 44歳

11月21日号

萩原 英さん

設立10周年「ジャックサポーターズ」の第1期生で活動を続ける

萩原 英さん

事務局長 87歳

11月14日号

田後 隆二さん

県行政書士会の会長として12月に開催する関東地方協議会の連絡会に備える

田後 隆二さん

中区山下町在勤 57歳

11月7日号

横山 慶子さん

創業130周年を迎えた生花店「花松」の5代目を務める

横山 慶子さん

中区曙町在勤 65歳

10月31日号

田中 麻奈さん

「全国きき酒選手権大会」に出場する

田中 麻奈さん

中区在住 37歳

10月24日号

佐々木 新平さん

スクウェア・エニックス主催のオーケストラ横浜公演で指揮を務める

佐々木 新平さん

西区在住 37歳

10月17日号

小野 知之さん

マリンFM、石川町スタジオを担当する

小野 知之さん

中区石川町在住 40歳

10月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク