中区・西区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

YOXO BOXが開所 イノベーション発信の新拠点へ

経済

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は10月31日、ベンチャー企業成長支援事業の拠点「YOXO BOX(よくぞ ボックス)」=中区尾上町1の6=を開業した。開所式では、林文子市長をはじめ、三菱地所(株)など運営事業者や地域関係者、「YOXO」のロゴを制作した太刀川英輔氏らが出席し、新たな船出を祝った。

 同拠点の名称は「横浜に新しい交流を生み出すサンドボックス(砂場=実験場)」の意味を込めて命名。「YOXO」は「YOKOHAMA CROSS OVER」の略で「横浜の舞台でイノベーションのきっかけとなってほしい」との願いが込められ、制作された。市は今年1月にイノベーション都市・横浜を宣言。同宣言に即した取り組みを「YOXO]と名付け、人材交流を促進している。

4事業者が運営

 同拠点の運営は4事業者が担う。支援拠点の運営などを行う安本武史氏(三菱地所(株))と相澤毅氏((株)plan―A)、ベンチャー企業の支援プログラムなどを担当する木村忠昭氏((株)アドライト)、交流イベントなどを実施する鈴木亮久氏((株)角川アスキー総合研究所)が名を連ねる。

 2013年より、みなとみらい21(MM)地区のエリアマネジメントや進出企業に向けた誘致・開発業務などを手掛けた安本氏は「横浜市と一緒にMM地区のまちづくりに携わってきた経験や、弊社が都内で行っているベンチャー支援事業のノウハウを活かしながら、新たなイノベーションを生む拠点にしていきたい」と意気込みを話す。

 同拠点では12月から、市に拠点を持つ起業3年以内のスタートアップ企業を対象に「YOXO アクセラレータープログラム」を開始。指導者による3〜4カ月の集中的な指導やセミナー、他企業との連携などで、成長を支援する。開所式で林市長は「YOXO BOXでベンチャー企業が成長することで関内地区が活性化されることを期待したい」と話した。
 

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

地域活性に要望書

商議所中部支部

地域活性に要望書 経済

支部長、西区・中区を訪問

11月19日号

「カジノ反対は命がけ」

「カジノ反対は命がけ」 社会

藤木会長、改めて明言

11月19日号

「シュウマイの輪、広げたい」

「シュウマイの輪、広げたい」 社会

招福門らが魅力発信

11月19日号

紋別の流氷船、新港ふ頭に

紋別の流氷船、新港ふ頭に 社会

市長も来場、観光PR

11月19日号

行政書士による無料相談会

行政書士による無料相談会 社会

電話で対応、11月26日・27日

11月19日号

話題のキャップ野球体験

話題のキャップ野球体験 スポーツ

掃部山公園で21日

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク