中区・西区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

YOXO BOXが開所 イノベーション発信の新拠点へ

経済

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は10月31日、ベンチャー企業成長支援事業の拠点「YOXO BOX(よくぞ ボックス)」=中区尾上町1の6=を開業した。開所式では、林文子市長をはじめ、三菱地所(株)など運営事業者や地域関係者、「YOXO」のロゴを制作した太刀川英輔氏らが出席し、新たな船出を祝った。

 同拠点の名称は「横浜に新しい交流を生み出すサンドボックス(砂場=実験場)」の意味を込めて命名。「YOXO」は「YOKOHAMA CROSS OVER」の略で「横浜の舞台でイノベーションのきっかけとなってほしい」との願いが込められ、制作された。市は今年1月にイノベーション都市・横浜を宣言。同宣言に即した取り組みを「YOXO]と名付け、人材交流を促進している。

4事業者が運営

 同拠点の運営は4事業者が担う。支援拠点の運営などを行う安本武史氏(三菱地所(株))と相澤毅氏((株)plan―A)、ベンチャー企業の支援プログラムなどを担当する木村忠昭氏((株)アドライト)、交流イベントなどを実施する鈴木亮久氏((株)角川アスキー総合研究所)が名を連ねる。

 2013年より、みなとみらい21(MM)地区のエリアマネジメントや進出企業に向けた誘致・開発業務などを手掛けた安本氏は「横浜市と一緒にMM地区のまちづくりに携わってきた経験や、弊社が都内で行っているベンチャー支援事業のノウハウを活かしながら、新たなイノベーションを生む拠点にしていきたい」と意気込みを話す。

 同拠点では12月から、市に拠点を持つ起業3年以内のスタートアップ企業を対象に「YOXO アクセラレータープログラム」を開始。指導者による3〜4カ月の集中的な指導やセミナー、他企業との連携などで、成長を支援する。開所式で林市長は「YOXO BOXでベンチャー企業が成長することで関内地区が活性化されることを期待したい」と話した。
 

街の不動産屋があなたをサポート

横浜市緑区の不動産は「青木ハウジング株式会社」へ!

https://www.aokihousing.co.jp/

YCAT40周年記念イベント

豪華賞品もあたる企画。11月23日(土)港北東急S.Cで開催!

http://www.ycat.co.jp/news/page.php?id=1364

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

15年ぶり、J1優勝

横浜F・マリノス

15年ぶり、J1優勝 スポーツ

12月12日号

地域社会と共存共栄を

地域社会と共存共栄を 社会

ALSOK神奈川株式会社

12月12日号

「黒のカリスマ」救命語る

「黒のカリスマ」救命語る 社会

蝶野さんと西消防団

12月12日号

関内新キャンパスへ募金を推進

関内新キャンパスへ募金を推進 社会

関東学院大燦葉会

12月12日号

4R活動を積極的に

4R活動を積極的に 経済

株式会社ニックス

12月12日号

寄付相談窓口を設置

寄付相談窓口を設置 社会

市ボランティアセンター

12月12日号

横浜の未来へ向けて

まちづくり

横浜の未来へ向けて 文化

北村 宏さん(72歳)

12月12日号

水上交通を体感!

11月8、10、16日は船で移動してみよう

https://hamabridge.jimdo.com/

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク