中区・西区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

馬車道の軌跡 1冊に 150周年記念誌が完成

文化

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
記念誌を手に六川理事長(左)と則竹さん
記念誌を手に六川理事長(左)と則竹さん

 馬車道商店街協同組合(六川勝仁理事長)が3年前から作成に取り組んでいた「馬車道150周年記念誌」がこのほど完成した。馬車道の歴史やまちづくりへの想いが、多くの貴重な写真と共に1冊にまとめられている。

構想から3年「街の手作り」で

 馬車道商店街は現在約100会員が加盟。ガス灯やアイスクリームなどの発祥の地として関連イベントを毎年開催しているが、記念誌作成は初の試み。1867(慶応3)年に馬車道が整備されてから150周年となる2017年に先駆け「150年というと三世代の節目の年でもある。昔の人の話を聞けるうちに街の歴史をまとめたものを作ろう」と周年記念事業の柱に。商店街メンバーを中心に編集委員会を立ち上げ、作成に取りかかった。「資料や写真など全ていちから集めるのが大変だった」と委員会メンバーの則竹聡一郎さん。街の人たちに声をかけて昔の写真を集めたり、県立歴史博物館の資料を紐解き歴史的な検証を行うなど地道な作業を繰り返し、3年がかりでようやく完成した。

 記念誌は馬車道の歴史、まちづくり、150周年事業とこれからの馬車道、馬車道の豆知識の4つで構成されており、馬車道ゆかりの人たちの寄稿文やまちづくり座談会なども盛り込まれた見応えのある内容だ。「読んで、見て楽しい誌面にしたかった」と、当時の懐かしい写真や図を豊富に用い、フルカラーで作成。装丁にも力をいれたという。「外注せずよくこれだけの記念誌を作り上げましたねと言われましたが、イベントなども商店街の手作りで行うのが馬車道らしさ。記念誌も馬車道らしく作れたと思います」と則竹さん。

 六川理事長は「これから隣接エリアの新市庁舎完成に伴って新たな街づくりが始まるため、このタイミングで完成できてよかった。馬車道の歴史だけでなく、横浜の開港当時のことを知るのにも役立つ1冊。後世に残せる素晴らしい記念誌になった」と話している。



 同冊子は1千部発行し、既に商店街会員を中心に配布。横浜市内の全市立小・中・高校約510校にも寄贈される予定。一般向けにも販売しており、商店街事務局で購入できる。A4変形判124頁、2200円。記念誌に関する問合せは、馬車道商店街【電話】045・641・4068。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

貴重な絵画 次世代へ

市民ギャラリー

貴重な絵画 次世代へ 文化

クラファンで修復費募る

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook