中区・西区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

立野の横国大附属小 同世代の貧困を支援 手作り石けんの売上寄付

教育

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
6年1組の児童ら
6年1組の児童ら

 中区立野にある横浜国立大学教育学部附属横浜小学校の6年1組(37人)の児童らが、貧困にある国内の同世代支援のために、石けん製作に取り組んでいる。石けん作りのために集めた資金の一部は日本財団に寄付され、子どもの居場所づくりのための運営費に充てられるという。

 同校では総合学習で学級ごとにテーマを据える中で、同学級は同世代の7人に1人が国内で相対的貧困に陥っているという実情を知り、それらを支援しようと計画。寄付金を自分たちで集めようと2019年から動き始めた。

 当初は校内で保護者向けにカフェを開き、その売上の一部を寄付に充てるため、同年末に開催。2度目を企画していたが、新型コロナウイルスにより休校・中止に。

 昨年6月には分散登下校が再開したが、コロナ禍で食品の提供は難しいと活動を見直した。そこでクラス全体で話し合い、今の時期需要が高いだろうと石けん作りを考案した。

試行錯誤の連続

 そして迎えた第1回目の石けん作りでは、原因不明の水滴が発生するなど作業が難航していたが、地域の学校に向け石けん教室を開いている太陽油脂(株)=神奈川区=の社員を招き、指導を仰いだ。また初回時はグリセリンソープを溶かして作るもののみだったが、2回目では強アルカリ性の薬品とひまわり油などを混ぜたオイル石けんも製作した。

 完成品はカフェの取組同様、保護者に向け販売し、利益は日本財団へ届けられる予定だ。また石けん作りの支援者らに届けるため、150個を目標に製作中。3月の卒業式を前に、現在作業は大詰めを迎えている。

 児童の1人は「手元に届いた人に喜んでもらえるよう、カラフルな宝石のように加工したり、手紙などを付けたりと、みんなで考え工夫しました」と笑顔で話す。同学級担当の白川治教諭は「一から十まで児童らが全部自分たちでやってきた。卒業前にやり遂げる1つの事として達成してもらえたら」と思いを込めた。

作成したグリセリン石けん
作成したグリセリン石けん

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

分かち合い大切に10年

中区翁町の相談室

分かち合い大切に10年 社会

依存症など当事者が対応

6月23日号

横浜海岸教会が150年

横浜海岸教会が150年 社会

地域に開かれた日曜礼拝

6月16日号

本牧で和食クッキング

米国外交官

本牧で和食クッキング 文化

家庭料理に舌鼓

6月16日号

絵本募りラオスへ

中区のNPO法人

絵本募りラオスへ 教育

子どもたちに読む機会を

6月9日号

デフ五輪で銀メダル

戸部本町の早瀨久美さん

デフ五輪で銀メダル スポーツ

西区長に報告

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook