中区・西区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

市の花バラをキャンドルに 区、本牧の福祉施設と連携

経済

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena

 障害者施設中区本牧活動ホームとなか区民活動センターはこのほど、横浜市の花「バラ」をイメージした「ローズキャンドル」を制作した。現在は区のオリジナルグッズとしてナカナ・カフェと山手西洋館で販売。売り上げは障害者施設利用者の収入になる。

 「ローズキャンドル」は、横浜市の花「バラ」をイメージした、1個あたり直径約5cm×高さ2・5cmのキャンドル。燃焼時間は約5〜7時間程度で裏側にキャンドルの芯があり、ろうが溶けても表側はバラの形が残るデザインだ。色は赤・白・ピンクを基本に、要望に応じ青色や橙色など様々な色にも対応する。また、フレグランスオイルも使用しており、バラの香りも楽しめる。

「街の先生」が監修

 制作は、なか区民活動センターのボランティア人材バンク「なかく街の先生」として石けんづくりを教える村野美和子さんが監修として同キャンドルの資材や材料の選定、制作指導などを行い、NPO法人・新(あらた)が運営する中区本牧活動ホームの利用者が手掛けた。同ホームは、障害のある人の拠点として、布巾やキーホルダーなどの制作・販売を行う。

 村野さんは昨年、区内のイベントでハンドメイドソープの作品を出展。その際に、障害者施設と区のオリジナルグッズの制作ができないかと中区役所が区障害者団体連絡会に相談し、同ホームと連携することに。昨年末から準備を進めてきた。村野さんは「アロマの石けんも考えたが、災害時に使用できるキャンドルにした」と振り返る。

 制作時には、障害のある人が作りやすいよう、キャンドルの芯を割りばしで挟んで支えるなど作業しやすいように工夫し、1時間前後で8個制作できる体制に。工程のなかでは、色をきれいに出すのが難したかったという。試行錯誤しながらも製品化に成功。中区役所別館1階のナカナ・カフェでは、1個250円から販売している。また、6月12日に大さん橋ホールで午前11時から午後3時まで開かれる「インクルーシブスポーツ体験会」のなかでもブースを設け販売される。同ホームの竹村光功所長は「キャンドルがおしゃれで、皆で楽しく制作できた。多くの人に届くと嬉しいです」と話した。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

頂点目指し、世界の舞台へ

フルコンタクト空手

頂点目指し、世界の舞台へ 社会

西区在住の冨村日花さん

6月30日号

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 社会

実験1年、月平均259回に

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

分かち合い大切に10年

中区翁町の相談室

分かち合い大切に10年 社会

依存症など当事者が対応

6月23日号

横浜海岸教会が150年

横浜海岸教会が150年 社会

地域に開かれた日曜礼拝

6月16日号

本牧で和食クッキング

米国外交官

本牧で和食クッキング 文化

家庭料理に舌鼓

6月16日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook