神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

関内ホールで行われる寄席に出演する落語家 立川 うぃんさん(本名:久保 尚太) 横浜市出身 36歳

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

馬車道育ちの落語家

 ○…横浜市出身の落語家の1人として4月24日に「関内寄席・ここらの4人〜真打への道〜」、5月11日には独演会を関内ホールで開催する。2021年に二つ目に昇格し、立川志らくに弟子入りしてから11年。地元横浜を中心に、着実に活躍の幅を広げている。

 ○…名前は、祖父から父の代まで経営していた馬車道の老舗喫茶店「WIEN(ウィーン)」に由来。幼い頃から週末は店や映画館などで過ごし、馬車道は思い出多き場所だ。「父は、俺の代で店は終わりだって言ってたのに、実は継いでほしかったみたいで」。せめてもと名前を付けたところ、当時の従業員や常連さんなどが噂を聞いて来てくれるように。「喫茶店の息子だぞって、商店街や街の人たちの目がすごく温かくて。沢山の人に応援してもらっている」と感謝する。

 ○…安心安全な日本にいることに疑問を感じ、戦場記者を目指したことも。学習院大学在学中にインドやネパールなどのスラム街を放浪。運命を変えたのは道中に聞いた立川談志の落語だった。「昔の人たちの生きることの切実さ。人生うまくいかないことばかりだけど、笑うしかねぇやって。スラム街で流れている空気と同じだと感じた」。しかし、晩年の談志への弟子入りは難しいと諦め、卒業後は一般企業へ就職。その年に談志が亡くなった。会社の研修を抜け出しお別れ会にかけつけ「後悔したくない」と落語家の道へ。

 ○…「若い人にも古典落語を気軽に聞いて欲しい」と平日昼に、地域でワンコインの落語会を主宰。当面の目標は関内ホールでの真打お披露目だ。1千人が入る大ホールを埋められるようにと技術を磨いていく。「落語を通じて自分なりのテーマを伝えていきたい」と力強く話した。

中区・西区・南区版の人物風土記最新6

早川 幸子さん

5月23日から県民ホールで行われる展覧会に絵画と詩を出展するオルガニスト

早川 幸子さん

中区在住 56歳

5月23日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月16日

宮本 康明さん

4月1日に横浜市南消防団の団長に就任した

宮本 康明さん

南区唐沢在住 66歳

5月9日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月2日

辰己 雅章さん

4月30日から桜木町で生徒作品展「港横濱・辰己組きり絵展」を開くきり絵作家

辰己 雅章さん

南区蒔田町在勤 74歳

4月25日

古賀 敬之さん

修復を終え4月から再開した横浜市開港記念会館の館長に就任した

古賀 敬之さん

中区在勤 65歳

4月18日

あっとほーむデスク

  • 5月2日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook