南区版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • はてぶ

本大岡地区社会福祉協議会会長などを務め、地域福祉の向上に取り組む 小林 功さん 弘明寺町在住 76歳

目配り気配りで地域支える

 ○…地区社協と大岡地域ケアプラザ、地域活動支援センター「こそあどぐるん」が4月23日、合同で介護予防教室を行った。民生委員・児童委員としても14年間活動しており、高齢者サロンの運営など、日々、高齢者や子どもの声に耳を傾けている。「地域の誰かがやらなければいけない大切な仕事。自信はなかったけど、地域の人たちの後押しもあり、引き受けようと決意した」と語る。

 ○…平塚市で生まれ、小学校から南区に移り住んだ。大岡小から南中へ。「にぎやかな子どもではなかったけど、マラソンには自信があり、校内では1位だった」。中学校では陸上部に所属。「先生が自転車で伴走してくれたことが良い思い出」と懐かしむ。

 ○…大手旅行会社のJTBに入社し、添乗員として勤務した。「私にとって旅行は高価なもの。会社に入ればいろんな場所にいけると思った」と笑う。30年以上、国内外の個人向けや修学旅行などのプランや見積もりを考え、添乗を行ってきた。多い時では年間250日以上添乗員として同行し、修学旅行生を駅で見送った後に着替えを持って再び仕事に行くこともあったという。「仕事を通じて人に対しての目配り、気配りができるようになった。それは仕事だけではなく、今行っている民生委員や社協の活動にも通じる」と話し、「悩みを抱えていても、周りに話しづらい環境の人もいる。そんな人たちに目配りすることで問題を見つけ、解決したい」と意気込む。

 ○…10年ほど前から「元気なうちに歩こう会」を作り、地域の健康増進に役立てている。プラン作りや交流の面で今では他区からも参加者が来る人気の会だ。これからもさまざまな面での目配り、気配りで地域の人々に寄り添い続けていく。

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

須原 康仁さん

弘明寺食堂「町っ子」の店主で、大岡小学校の児童とプリンを考案した

須原 康仁さん

10月11日号

畠山 明美さん

三春台東町内会の副会長などを務め、子どもの見守り活動を行う

畠山 明美さん

10月4日号

齋藤 優子さん

植物画教室の講師を務め、10月11日から個展を行う

齋藤 優子さん

9月27日号

齋藤 龍也さん

日本伝統工芸展で5年連続入選するなど、陶芸作品を作り続ける

齋藤 龍也さん

9月20日号

能登谷(のとや) 光さん

横浜市内商店街のチャーハンコンテストで銅賞を受賞した「のとやん」の店主を務める

能登谷(のとや) 光さん

9月13日号

櫻井 友貴さん

横浜市会のポスターデザインコンテストで最優秀賞を受賞した

櫻井 友貴さん

9月6日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「特別自治市」実現へ 講演会

「特別自治市」実現へ 講演会

参加者募集 11月、市長ら語る

11月10日~11月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク