南区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

障害の有無を問わず自由に制作活動を行う「あーとすたじお源」の責任者 福家健彦(ふくやたけひこ)さん 永田南在住 51歳

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

これからは人の脇役に

 ○…運営する「あーとすたじお源」に所属する障害者2人の絵画作品展を3月26日から中島町で行う。作品展は初めて。「身内や福祉関係者に一切依存せず、作家を全く知らない環境で公開し、純粋なアート作品として評価を問いたい」と話す。

 ○…永田南生まれ。その後は市内で過ごす。小学校低学年までは家で絵や詩をかく時間が多かったが、サッカーを父に勧められ、高校3年まで続ける。美術大学へ進学。「成績はぱっとせず」、卒業後は父の造園業を手伝いながら、絵画作品の出展を続けたが、落選ばかり。一転、空手を始める。35歳の時、姉の勧めで特別支援学校の非常勤講師に。最初は生徒と意思疎通がうまくいかず、相手が泣いてしまうこともあった。それでも、生徒が何を困っているのかを意識し、持ちやすい形のスプーンを作るなどして距離を縮めた。「全てがつながったし、この感動がこれから無数にあるのでは」と正規教員を目指して38歳で合格。今は港南区の学校に勤める。

 ○…院内学級を受け持っていた時。「絵を描くとみんな元気になる。評価をせず自由に描くことで心の治癒になると思った」。同時に「サッカー、絵、空手とどれも頑張ったけれど、自分が主役にはなれなかった。でも、人が主役になるための脇役としての発想はたくさん出てくる」と感じた。5年前、アートスタジオを立ち上げ、絵を通した障害者支援を本格化させた。

 ○…今後は作品発表だけではなく、対話も行い、地域とコミュニケーションを取ることを目指す。メンバーが作品づくりに没頭できるアトリエを持つことも目標だ。「絵が売れたら、自分が生み出し、生活の糧を得たということ。これが自立支援になれば、こんなに嬉しいことはない」。脇役として進むことに迷いはない。
 

南区版の人物風土記最新6

石井 健さん

コロナ対策を工夫する小学生野球チーム「井土ヶ谷フレンズ」の監督を務める

石井 健さん

清水ヶ丘在住 52歳

7月9日号

廣瀬 泰雄さん

4月から横浜南郵便局の局長に就いた

廣瀬 泰雄さん

井土ヶ谷上町勤務 58歳

7月2日号

齋藤 博巳さん

神奈川県表具経師内装協同組合の元理事長で県民功労者表彰を受賞した

齋藤 博巳さん

六ツ川在住 87歳

6月25日号

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

SNSで集めた「書」と自身の書道パフォーマンスを動画で披露している

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

蒔田町在住 21歳

6月18日号

柊谷 明里さん

5月1日付けで神奈川県内最年少の交通指導員となった

柊谷 明里さん

六ツ川在住 20歳

6月11日号

有賀 和彦さん

4月から南消防団の団長に就任し、藍綬褒章を受章した

有賀 和彦さん

中島町在住 66歳

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月6日18:45更新

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

善意のコンサート

善意のコンサート

7月12日、清水ヶ丘教会

7月12日~7月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク