南区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

家庭的保育事業で「矢後保育室」を3月まで27年間運営した 矢後 壽惠(ひさえ)さん 永田北在住 66歳

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

子を預かり、育てた27年

 ○…横浜市の家庭的保育事業を行う「矢後保育室」を母から引き継いで27年。自宅の1階部分を保育室として使用し、今年3月まで保育室を運営した。「今振り返ると、あっという間だった。子どもはかわいいし、懐いてくれ、保護者から感謝される。良い仕事に就けた」と話す。

 ○…家庭的保育事業は、仕事や病気などで日中、子育てに専念できない保護者に代わり、市の認可を受けた資格者が、自宅で0歳児から2歳児までを預かる制度。「とにかく安全が最優先。最初は夜寝ていても不安で起きてしまうこともあった」と引き継いだ頃を振り返る。

 ○…生まれて間もなく南区へ。以後、井土ヶ谷小、蒔田中、横浜緑ケ丘高と進む。「背が小さくて痩せていたけど体は丈夫」で小学生は皆勤だったという。蒔田中の時、前回の東京五輪で活躍した東洋の魔女にあこがれ、バレーボール部に。高校までの6年間続けた。「あまり強いチームでなかったけど、仲が良くて楽しかった」と振り返る。語学が好きで上智大学の仏文科に進学。就職活動の時はオイルショック真っ只中で「4年生大学の女性はどこに行っても門前払い」。地元の自動車販売店に勤務後、友人が塾を開設し、誘われて講師に。38歳の時に母から保育室を引き継いだ。以後27年間、自分の病気で休んだことはない。

 ○…活発で社交的と言われるが、実は人見知りだという。趣味は夫に誘われて始めたマラソン。「走っている時は苦しいけど、やり遂げた時に達成感がある」。「便利で緑も残り静か」という南区の中で大岡川沿いから弘明寺、日ノ出町を走るルートがお気に入り。これからは、自宅をそのまま引き継いでくれた保育室の補助員として働きながら、マラソンに力を入れていきたいと元気に話す。
 

南区版の人物風土記最新6

里見 美紀子さん

みなみ俳句会の代表で、コロナ禍に対応した「通信句会」を行う

里見 美紀子さん

井土ヶ谷中町在住 71歳

6月10日号

島田 秀世さん

5月から南火災予防協会の会長に就任した

島田 秀世さん

蒔田町在住 68歳

6月3日号

小野 健治さん

南防犯指導員連絡協議会の会長で、地域の見守り活動などを行う

小野 健治さん

山王町在住 77歳

5月27日号

栗山 文男さん

「フォトサロン97」の代表で吉野町市民プラザで写真展を開催する

栗山 文男さん

六ツ川在住 72歳

5月20日号

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

佐藤 由美さん

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む

佐藤 由美さん

共進町在住 37歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月14日12:33更新

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter