南区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

家庭的保育事業で「矢後保育室」を3月まで27年間運営した 矢後 壽惠(ひさえ)さん 永田北在住 66歳

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

子を預かり、育てた27年

 ○…横浜市の家庭的保育事業を行う「矢後保育室」を母から引き継いで27年。自宅の1階部分を保育室として使用し、今年3月まで保育室を運営した。「今振り返ると、あっという間だった。子どもはかわいいし、懐いてくれ、保護者から感謝される。良い仕事に就けた」と話す。

 ○…家庭的保育事業は、仕事や病気などで日中、子育てに専念できない保護者に代わり、市の認可を受けた資格者が、自宅で0歳児から2歳児までを預かる制度。「とにかく安全が最優先。最初は夜寝ていても不安で起きてしまうこともあった」と引き継いだ頃を振り返る。

 ○…生まれて間もなく南区へ。以後、井土ヶ谷小、蒔田中、横浜緑ケ丘高と進む。「背が小さくて痩せていたけど体は丈夫」で小学生は皆勤だったという。蒔田中の時、前回の東京五輪で活躍した東洋の魔女にあこがれ、バレーボール部に。高校までの6年間続けた。「あまり強いチームでなかったけど、仲が良くて楽しかった」と振り返る。語学が好きで上智大学の仏文科に進学。就職活動の時はオイルショック真っ只中で「4年生大学の女性はどこに行っても門前払い」。地元の自動車販売店に勤務後、友人が塾を開設し、誘われて講師に。38歳の時に母から保育室を引き継いだ。以後27年間、自分の病気で休んだことはない。

 ○…活発で社交的と言われるが、実は人見知りだという。趣味は夫に誘われて始めたマラソン。「走っている時は苦しいけど、やり遂げた時に達成感がある」。「便利で緑も残り静か」という南区の中で大岡川沿いから弘明寺、日ノ出町を走るルートがお気に入り。これからは、自宅をそのまま引き継いでくれた保育室の補助員として働きながら、マラソンに力を入れていきたいと元気に話す。
 

南区版の人物風土記最新6

渡邉 一郎さん

6月20日付けで(公社)横浜南法人会の会長に就任した

渡邉 一郎さん

中区在住 61歳

7月11日号

酒巻 知子さん

ベンチプレスの世界大会で優勝した

酒巻 知子さん

宿町勤務 53歳

7月4日号

久保 雅信さん

地区センターなどで、子ども向け科学講座を開催している

久保 雅信さん

別所在住 55歳

6月20日号

佐々木 大輔さん

蒔田中学校の元教員で同校のアジサイ栽培を手掛ける

佐々木 大輔さん

61歳

6月13日号

山田 光明さん

南消防団の副団長を務め、春の褒章で藍綬褒章を受章した

山田 光明さん

中村町在住 68歳

6月6日号

塩野 えりささん

3人組バンド「日ノ出サンデーズ」のメンバーで17日の交通安全パレードに参加する

塩野 えりささん

大岡在住

5月16日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月21日20:51更新

  • あっとほーむデスク

    7月20日13:15更新

  • あっとほーむデスク

    7月17日19:21更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵どうろうを一新

南まつり

絵どうろうを一新

27、28日 LEDで明るく

7月26日~7月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク