南区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

中学生硬式野球の全国大会に出場する「横浜南ボーイズ」の監督を務める 加藤 将斗さん 庚台在勤 47歳

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena

プロの経験、後世に伝える

 ○…2002年の創部からチームを指導。今春、部員85人を指揮する監督に就任した。現在は、8月12日に開幕する中学生硬式野球の全国大会「ジャイアンツカップ」に向けて準備を進めている。「ここまでたどり着いたのは選手や前監督さんなど周囲の皆さんあってのこと。初出場初優勝を目指したい」と語る。

 ○…友人の誘いで小学1年生で野球を始める。「練習後に泥だらけになったユニフォームを見るのが嬉しかった」と野球少年だった原点を振り返る。高校卒業後、1991年に「横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)」へ入団。投手として8年間プレーし、94年に4勝をマークするなど通算6勝を挙げた。ヒットを打ったのに納得いかない表情を浮かべる選手を見て「凄いところに来てしまった…」とレベルの高さを痛感したという。

 ○…引退後、知人の誘いで南ボーイズのコーチに。「プロで学んだ『野球と真剣に向き合う姿勢』を子どもたちに伝えたい」との思いで引き受けた。現在はプロ選手がOBにいるチームだが、当時は創部したばかりで部員は10人ほど。「まともに勝てるのに5年はかかった」と話す。三振やエラーを頭ごなしに怒らず、その原因を選手と一緒に考える指導を心掛けている。選手がユーチューブで視聴している動画も隈なくチェック。「野球は日々進化している。最新の知識を選手と共有し、練習に生かせれば」

 ○…庚台のドンドン商店街そばで整骨院を営み、所属選手も多く訪れている。「現役時代は常にけがとの戦いだった。選手が万全な状態で満足いくプレーができる助けになれば」と思いを語る。「やるもやらぬも自分次第」がモットー。野球の楽しさと苦しさの両方を知る“野球人”がチームを見守り続ける。
 

南区版の人物風土記最新6

美松 寛大さん

弘明寺観音の副住職で、大岡地区センターで初開催された写経の講師を務めた

美松 寛大さん

弘明寺町勤務 29歳

10月29日号

中島 聡さん

清水ヶ丘教会の主任牧師で、被災地支援のチャリティーコンサートを開く

中島 聡さん

南太田在住 53歳

10月22日号

矢島 直弥さん

元キックボクシング日本王者でジム経営者として区民の健康づくりを支える

矢島 直弥さん

六ツ川在勤 30歳

10月15日号

横井 利男さん

プロレスと楽器演奏を同時に楽しめる飲食店「プロレス道場」を経営する

横井 利男さん

六ツ川在住 53歳

10月8日号

益留 順一さん

少年野球チーム「清水ヶ丘ジャイアンツ」の監督を務める

益留 順一さん

清水ヶ丘在住 50歳

10月1日号

三上 真史さん

「秋の里山ガーデンフェスタ」で会場のウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

37歳

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月18日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日10:18更新

  • あっとほーむデスク

    10月16日14:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉良研究 記者から聞く

吉良研究 記者から聞く

研究会が講演会

11月7日~11月7日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク