南区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

創立35周年を迎えた「万世館合氣道横浜道場」の道場長を務める 宇野 司さん 永田北在住 68歳

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

「憩いの場」で師の教え継承

 ○…合氣道は「自分と相手を結ぶ『霊肉一体』の精神を重んじる武道」と実直な眼差しで話す。9月15日に創立35周年を記念して行った演武会では、相手の中心軸を崩して倒す「入身投げ」を披露し、集まった観客を驚かせた。道場の大きな節目に「あっという間に35年。今後も年齢や国籍の壁を感じない『憩いの場』として歩み続けたい」と熱い思いを語る。

 ○…福岡県出身。合氣道との出会いは長崎県の大学に進学後。当時大学の合氣道部で指導し、九州合氣会の師範長を務めていた砂泊誠秀さんの「合氣道は武道でありながら勝ち負けがなく、相手と調和するもの」との教えに魅力を感じたという。「勝ち負けがはっきりするのが武道だと思っていたので新鮮だった」と稽古に打ち込んだ。社会人でも合氣道を続けようと、卒業後は会社で合氣道部を設立。集まった仲間たちと汗を流した。

 ○…子どもたちが成長するに連れ、就職をきっかけに移り住んだ南区に恩返ししたいとの思いで開館を決意。妻の支えもあり、33歳で夢を叶えた。「地域に合氣道の魅力を」との思いを励みに多忙な仕事と両立。以来、永田小学校の体育や学童クラブでの指導をはじめ、ベトナムでも武術を普及。国境を越えた合氣道の発信に努めてきた。「お互い言葉が通じなくても自然と笑顔になる」

 ○…特技は木彫り。「万世館合氣道」と力強く書かれた看板も作った。「木彫りは合氣道と同じで『自然体』でいられるから」とにっこり。稽古前に「合氣とは自己に打ち克ち敵として戦う心無からしむ」などと記した掛け軸を生徒と必ず読み上げる。恩師・砂泊さんに学んだ自然礼拝を重んじる「合氣道の精神」だと話す。「先生なくして今の自分はない。教えを忠実に守っていきたい」と前を向く。

南区版の人物風土記最新6

廣瀬 泰雄さん

4月から横浜南郵便局の局長に就いた

廣瀬 泰雄さん

井土ヶ谷上町勤務 58歳

7月2日号

齋藤 博巳さん

神奈川県表具経師内装協同組合の元理事長で県民功労者表彰を受賞した

齋藤 博巳さん

六ツ川在住 87歳

6月25日号

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

SNSで集めた「書」と自身の書道パフォーマンスを動画で披露している

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

蒔田町在住 21歳

6月18日号

柊谷 明里さん

5月1日付けで神奈川県内最年少の交通指導員となった

柊谷 明里さん

六ツ川在住 20歳

6月11日号

有賀 和彦さん

4月から南消防団の団長に就任し、藍綬褒章を受章した

有賀 和彦さん

中島町在住 66歳

5月28日号

林 海国(りん かいこく)さん

5月から南消防団に外国籍団員として初めて入団した

林 海国(りん かいこく)さん

白妙町在住 36歳

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月30日20:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月5日号

お問い合わせ

外部リンク