南区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

老人クラブ「六ツ川中一わかば会」の会長で、市老人クラブ連合会から表彰された 森田 芳秀さん 六ツ川在住 82歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

「改革精神」より良い集いに

 ○…老人クラブの会長として長年にわたり、クラブ運営に貢献したとして「市長表彰」を受けた。会長職で重きを置くのは、皆が楽しめる「雰囲気づくり」。若い会員が意見しやすいよう、積極的に歩み寄る。「名誉ある賞を頂けて光栄。クラブ活動を続けられているのは皆さんのおかげです」と感謝の言葉を述べる。

 ○…「忍者の里」として知られる三重県伊賀市出身で高校卒業後に上京。1965年、結婚を機に六ツ川へ移り住んだ。定年まで勤めたIT企業では、業務管理の仕事を担い、社員がより効率的に動ける方法を模索し続けた。「もっとこうすれば良くなるんじゃないか」と、考え抜くことで探求心が養われ、それが「改革精神」の礎になった。

 ○…定年後、「イキイキと過ごしたい」と、六ツ川の老人クラブ・旭ヶ丘クラブ(現すぎな会)への入会が現在の原点だと語る。「当時の旭ヶ丘の会長から教わった『楽しい集いにする』などの思いが、わかば会で生きている」と話す。2004年には区老連の事務局長に就任。「クラブは皆が笑顔でいられる場所」。メンバーの仕事量が偏っている光景を目の当たりにし、サラリーマン時代に感じたような「改革しなければ」との強い責任感が芽生えた。運動部、文化部といった部の役割を明確にしたことで運営がスムーズに。継続的に会員が思いを共有したことも改革につながった。

 ○…野球好きでDeNAファン。「昔は阪神ファンだったけど、故郷より何倍も長く住む横浜に愛着がある」と微笑む。かつては南区少年野球連盟の会長を務め、審判員の育成などに尽力。講習会の頻度を増やした。「子どもたちが気持ち良くプレーできる手助けをしたかった」と語る表情には、変化を恐れない強い意志にあふれていた。

南区版の人物風土記最新6

渡邊 秀真さん

南区の小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身で春高で準優勝した

渡邊 秀真さん

磯子区在住 16歳

1月21日号

三村 悠三さん

一般社団法人横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

39歳

1月14日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月7日号

笹川 吉康さん

プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから2位で指名された

笹川 吉康さん

横浜商業高校3年 18歳

1月1日号

斎藤 好子さん

南交通安全母の会の会長を務め、子どもの見守り活動を行う

斎藤 好子さん

井土ヶ谷上町在住 82歳

12月17日号

佐藤 明美さん

南永田団地の活性に努め、地元の小中学校の体験授業をサポートする

佐藤 明美さん

永田みなみ台在住 71歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

  • 1月5日19:26更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク