南区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

国士舘大学の4年生で、少年野球チーム「大岡藤ノ木スワローズ」のマラソン教室の講師を務めた 曽根 雅文さん 中里出身 22歳

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

走りで地元に恩返し

 ○…「走る楽しさを体感してほしい」との思いで、出身野球チームの子どもにマラソンの醍醐味を教え伝えた。箱根路を2度駆け抜けたスピードを披露すると、後輩たちから「格好良い」と大きな声援を受けた。「子どもたちが純粋にスポーツを楽しむ姿にほっこりしたし、元気をもらった」と笑顔を見せる。

 ○…南小時代は4年から6年まで野球に熱中。南が丘中でもプレーを考えたが、持久力に自信があることや、早稲田大で箱根駅伝に出場した父親の影響もあって陸上部へ。黙々と練習に励んだが「中学、高校は全国と無縁の選手だった」と振り返る。横浜高校から国士舘大に進学した当初は度重なるけがに悩まされたが、それが「自分を見直すきっかけになった」。厳しい練習に耐えられる体づくりを意識し、柔軟性を高めるストレッチなどを取り入れると故障の頻度が減少。箱根駅伝では3年、4年と山下りの6区を任され、ともに区間9位だった。

 ○…好物は家系ラーメンで、特に「元祖」と呼ばれる吉村家がお気に入り。「醤油の味が強めのスープと麺の相性が抜群。食べた分は清水ヶ丘公園や大岡川沿いを走ってしっかり燃焼する」と笑う。「大学4年間は町田市の寮と世田谷区のキャンパスを往復する日々だったので、本場の家系を食べると横浜に帰ってきた感じがする」

 ○…今でも野球は大好きだといい、ベイスターズのファン。「今年こそ優勝してほしい」と期待を寄せる。4月からはJR東日本で競技を続ける。「まずは5千mと1万mの自己記録を更新したい」と話し、前を向く。好きな言葉は「走姿(そうし)顕心(けんしん)」。「走る姿はその人の心を顕(あら)わす」との意味が込められている。箱根の山を下った粘り強い走りで飛躍を誓う。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

佐藤 由美さん

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む

佐藤 由美さん

共進町在住 37歳

5月7日号

村上 絵里佳さん

親子で楽しめるマルシェを企画し、地域の活性化に取り組む

村上 絵里佳さん

別所在住 33歳

4月29日号

中村 康伸さん

写真家で香港の民主活動家などを撮影した作品展を開いている

中村 康伸さん

伏見町在住 51歳

4月22日号

今山 徹さん

4月から南消防署長に就任した

今山 徹さん

浦舟町勤務 58歳

4月15日号

志村 直樹さん

南太田でレンタルシェアキッチンを運営し、飲食店のマルシェを支援する

志村 直樹さん

南太田出身 40歳

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月17日13:57更新

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter