南区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

写真家で香港の民主活動家などを撮影した作品展を開いている 中村 康伸さん 伏見町在住 51歳

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

自由の危機 写真で訴える

 ○…香港で2014年に起きた民主化デモ「雨傘運動」以降の状況を撮影し続けた写真展を4月17日から中華街内のギャラリーで開いている。同年、知人に連れられてデモを目の当たりにし、「市民の熱さを感じた」。これまでに香港を11回訪れ、デモの最前線でカメラを構え続けた。日本のデモとは比較にならない熱量を感じ、「自由が失われている危険な状況であるのに、日本人がこの問題に無関心であってはいけない」と警告する。

 ○…埼玉県・越谷で生まれ育った。乗り物が好きで、飛行機や車のプラモデルをよく組み立てた。高校時代は夏休みに自転車旅行をし、寝袋で野宿生活したこともある。今もロードバイクが移動手段だ。大学では映画サークルで仲間の写真を撮影。卒業後はテレビの構成作家や映像編集などをしてきた。趣味で撮影し、ネットで公開していた夕焼けや朝焼けの写真がギャラリー関係者の目に留まり、作品展開催を持ち掛けられた。「夜中の田んぼの静けさが好き」と魅力を語る。今でも夜中に思い立つと、自宅から中華街へ自転車を走らせ、静寂の街にレンズを向ける。

 ○…香港の様子とともに力を入れるのが猫の撮影。街中をさまようように歩く猫を撮り続ける。商店街や雑踏の中を闊歩する猫の一瞬を切り取る。「まさに生きている姿が感じられる」という。目標は全都道府県の猫を撮ること。撮れたのはまだ半分程度で、ライフワークにしていく。

 ○…家は数人のシェアハウス。野宿の経験から「気にならない」と笑う。コロナ禍でこの1年は香港に行けていないが、民主活動家が逮捕されるなど、事態は深刻だ。「声を上げなければ」と写真を通して自由のあるべき姿を訴える。

南区版の人物風土記最新6

里見 美紀子さん

みなみ俳句会の代表で、コロナ禍に対応した「通信句会」を行う

里見 美紀子さん

井土ヶ谷中町在住 71歳

6月10日号

島田 秀世さん

5月から南火災予防協会の会長に就任した

島田 秀世さん

蒔田町在住 68歳

6月3日号

小野 健治さん

南防犯指導員連絡協議会の会長で、地域の見守り活動などを行う

小野 健治さん

山王町在住 77歳

5月27日号

栗山 文男さん

「フォトサロン97」の代表で吉野町市民プラザで写真展を開催する

栗山 文男さん

六ツ川在住 72歳

5月20日号

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

佐藤 由美さん

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む

佐藤 由美さん

共進町在住 37歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter