南区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

「フォトサロン97」の代表で吉野町市民プラザで写真展を開催する 栗山 文男さん 六ツ川在住 72歳

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena

感動と変化、一枚に記録

 ○…「撮る側も見る側も感動する一枚を残したい」。写真への強い思いを9人の仲間とともに地域に発信する。新型コロナウイルスの影響で発表の場は約2年ぶり。「活動の成果をようやく披露できる。家に飾りたいと思ってもらえるような感動を地域の皆さんに与えたい」と意気込みを語り、久しぶりに行う写真展の準備を進める。

 ○…高校卒業後は電気設備の施工などを行う職人として活躍し、40歳で独立。43歳で六ツ川に移り住んだ。仕事で全国各地を飛び回る中、「目で見た景色をカメラに収めたい」との感情が湧いた。50歳のころに知人の紹介で「フォトサロン97」に入会すると、約5年前から2代目代表を任されている。最高の瞬間を残せるようにメンバーに「周囲の心に響くまで『撮影』と『確認』を繰り返して」と呼び掛ける姿に妥協はない。

 ○…写真を始めて集中力や観察力が養われ、仕事にも良い影響を与えているという。「書類の作成にしても『本当にこれで合っているのか』と丁寧に確認する習慣がついた」と話す。今までは見過ごしていた六ツ川の四季の変化を観察し、地域への関心も高まった。近所の児童遊園地やこども植物園にも足を運ぶ。「春は満開の桜、夏は木にとまるセミ、秋は紅葉、冬の雪景色などの四季を感じられるのが日本の良さ」とにっこり。

 ○…妻と2人暮らし。「妻も写真に興味を持ってくれ、よくアドバイスをくれる。良き相談相手で助かる」と笑う。6月には奥会津の「霧幻峡」へ行き、川と霧の調和を撮りたいと胸を躍らせる。「コロナ禍なのでゆっくりと観光するのは難しいが、きちんとカメラに収めてメンバーと感動をシェアしたい」。レンズを通して見る喜びを伝えていく。

南区版の人物風土記最新6

竹森 智さん

建設・不動産会社「大東建託横浜南支店」の支店長を務め、SDGsの推進に取り組む

竹森 智さん

浦舟町勤務 53歳

5月19日号

澤田 和也さん

パチンコ店「ドキわくランド井土ヶ谷店」の店長を務め、地域貢献活動に取り組む

澤田 和也さん

井土ケ谷下町勤務 42歳

5月12日号

小熊 誠さん

4月から神奈川大学の学長に就任した

小熊 誠さん

南区在住 68歳

5月5日号

吉田 美佐子さん

蒔田や旧大岡村などの歴史を教え伝える「南区郷土の歴史研究会」で活動する

吉田 美佐子さん

大岡在住 74歳

4月28日号

相馬 友子さん

神奈川区の「はるかぜ農園」を運営し、野菜の直売を自宅で行っている

相馬 友子さん

大岡在住 56歳

4月21日号

鈴木 健一さん

4月から南区長に就任した

鈴木 健一さん

59歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook