保土ケ谷区版 掲載号:2014年3月13日号 エリアトップへ

保土ケ谷区体育協会会長として区民の健康づくりに貢献する 小柴 邦幸さん 宮田町在住 67歳

掲載号:2014年3月13日号

  • LINE
  • hatena

感謝の心で歩む第2の人生

 ○…保土ケ谷区体育協会の会長として4年目を迎える。先日行われた「ほどがやスポーツ祭り」も成功させた。ソフトボール協会の理事長も務めるなど、保土ケ谷区のスポーツ界に対する貢献は大きい。「人とのつながりを大切にしていたら役職がどんどん増えてきた。やらされているだけだよ」と笑う。体育協会に限らず、町内会や高校の同窓会、保護司など様々な活動に参加し、その全てで役職に就いているのだ。手帳は予定で真っ黒になっているが、「ボランティアによって、新たな人生を歩めている。充実している」

 ○…生涯保土ケ谷区民。定年退職するまで、横浜市の小学校教員を勤めあげた。「勉強を教えるのは苦手でね」と笑いつつも「子どもたちとは本気で遊んだ。何事も本気で取り組むことが大切だから」と強い信念を語る。その想いが子どもたちにも通じていたのだろう。初めて担任を務めたクラスの教え子とは、今でも年に数回クラス会を開いている。「彼らも50歳。今でも呼んでもらえるのは嬉しいよね」。表情が緩む。

 ○…予定に追われる毎日を送るが、毎月1回は妻と温泉旅行をしている。関東近郊の温泉を2泊3日で巡る。お気に入りは伊豆方面。「そこに行くまでのドライブも好き。富士山が見えてくると嬉しくなる」と少年のように笑う。これまで、大きな病気にはかかったことがない。「好きなことをしているのが健康につながっているのかな」

 ○…「会長という立場だから、突然倒れるわけにはいかない」と毎朝の検温など体調管理には余念がない。健康に問題はないが、様々な役職は70歳を区切りと考えている。「若い人がやりづらいだろうから」。それまでにやらなければならないこととして、「高齢者が気軽に運動できる環境を整えて健康寿命を延ばしたい」と超高齢社会を見据える。「我以外すべて師である」。区民の健康のために、謙虚に取り組み続ける。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

三村 敦夫さん

「ほどがや☆元気村」の活動の場として所有する水田の一部を提供している

三村 敦夫さん

川島町在住 77歳

12月9日号

山田 浩和さん

保土ケ谷西口エリアにフォーカスした情報をSNS上の動画で配信する

山田 浩和さん

桜ヶ丘在住 50歳

12月2日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

13歳

11月25日号

中村 誠二さん

万華鏡作家として地域で活躍する

中村 誠二さん

新桜ケ丘在住 77歳

11月18日号

久保田 庄三郎さん

「ほどじゃが焼酎の会」の会長に今秋から就いた

久保田 庄三郎さん

新井町在住 74歳

11月11日号

福永 奨(しょう)さん

プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位で指名された

福永 奨(しょう)さん

川島イーグルス出身 22歳

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook