保土ケ谷区版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

岩崎中学校出身で「市民記者」の活動を支援するNPO法人の代表を務める 堀 潤さん ジャーナリスト 39歳

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena

メディアで世の役に立つ

 ○…報道番組の司会、ラジオパーソナリティ、雑誌連載、市民の情報発信をサポートするNPO法人の代表など、様々な角度からジャーナリズム活動を展開する。「メディアを通してでしか世の中の役に立つことができないと思ってこの道に進んだ」とにこやかに語る。

 ○…商社マンだった父の転勤にともない、兵庫、大阪、東京を転々とする。中学2年時に市立岩崎中学校へ転入し、学則などを話し合う評議会に所属した。3年時には議長を務め、自由服導入についての討論会に携わった。全校生徒の多数決で制服が撤廃される過程を体験し、「あれは今の僕につながる原体験だった」と話す。県立横浜平沼高校に進むと、学校を抜け出し遊びに出かけることもしばしばで、進路指導では「堀は就職だろ」と言われるほど「超落ちこぼれだった」と笑う。

 ○…浪人を経て立教大学文学部ドイツ文学科へ進学。ドイツへの短期留学も経験し、そこでナチスのプロパガンダを学びマスコミに興味を持つ。そして「世の中を良くも悪くもするのはメディアだ」と実感し、「メディアで世の中の役に立ちたい」と卒業後NHKへ。初任地の岡山放送局ではアナウンサーながら、積極的に現場に赴きネタを拾うなど、独自路線を突き進む。その姿勢を買われ、26歳で東京の報道番組に携わる。東日本大震災では適切に情報を共有する「市民とメディアの双方向の情報発信の必要性」を痛感。2012年6月に市民の情報発信を支援するNPO法人「8bitNews」を設立し、その後NHKを退局。これまで講座などを通して「市民記者」を支援してきた。

 ○…今後は株式会社を立ち上げ、NPOなど情報発信力が弱い組織と、その能力が強い人をつなげるサービスを通し「世の中の良いことをもっと伝えたい」と話す。「社会問題を一生懸命発信しようとする人のためにメディアの技術や知識を活用していくべき」と真剣な眼差しで語った。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

川村 敏巨さん

保土ケ谷区剣道連盟の会長に就任した

川村 敏巨さん

上菅田町在住 63歳

6月17日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

萩原 聡敦さん

(公財)横浜市老人クラブ連合会主催のかがやきクラブ横浜将棋大会で優勝した

萩原 聡敦さん

今井町在住 62歳

6月3日号

寺山 洋司さん

権太坂境木自治会で150号の発行を迎えた「安全・安心たより」の発案者

寺山 洋司さん

55歳

5月27日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

5月20日号

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter