保土ケ谷区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

保土ケ谷中学校の卒業生で世界チャンピオンにまで上り詰めた元プロボクサー 大橋 秀行さん 51歳

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

夢を夢で終わらせない

 ○…「世界チャンピオンになる」――。純真無垢な15歳の少年が文集に綴った決意だ。その確固たる思いがぶれることはなく、24歳の時、3度目の世界挑戦で念願のベルトを腰に巻いた。「すべての始まりは中学3年生の時。保土ケ谷中学校時代にある」。現役当時、軽量級ばなれした強打を支えた拳を「ギュッ」と握り締めた。50歳を超えても、そこは強者を倒してきた世界王者。迫力がみなぎる。

 ○…5歳違いの兄の影響で小学生時代からおもちゃのボクシンググローブを手にし、中学入学と同時にジムに通い始めた。中学3年の頃には日本王者とも互角に渡り合うまでに。後に「150年に1人の天才」と称された稀代のボクサー。ダイヤモンドの原石はすでに輝きを放ち始めていた。

 ○…恩師の一人が中学時代の担任教諭。軽量級に世界奪取の道を見出そうと考えた少年は弁当を食べない生活を続けていた。そんな少年に規則正しい生活を求める担任に「夢なんだ」と思いの丈をぶつけた。「夢を夢で終わらせるな」と少年の強い思いを受け止めた、その恩師はいま、現役引退後に開いたジムに通っている。

 ○…ここ一番で聞く曲がある。海援隊の「贈る言葉」。「世界チャンピオンになる」と誓った頃に放映されていたドラマ「3年B組金八先生」のテーマ曲だ。「世界を目指した頃の心に戻れる」。自身が会長を務めるジムに所属する選手の大一番も会場に向かう車中には決まってこの曲が流れる。

 ○…「いま考えれば子どものころから5年後、10年後を見てプランを立てていた」。プロボクサーとしての生活が始まると同時に引退後の「セカンドキャリア」を見据えた。ジムを開き、自分の手で世界チャンピオンを生み出す。当時、描いた人生設計は成就し、すでに4人の世界王者を輩出した。「10年後、ボクシングをもっと人気スポーツに」。夢物語で終わらせるつもりは毛頭ない。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

一松 倫子さん

知的障害者バスケットボールの女子日本代表チームヘッドコーチを務める

一松 倫子さん

東川島町在住 55歳

1月21日号

石井 泰彦さん

保土ヶ谷区薬剤師会の会長を務める

石井 泰彦さん

西谷町在勤 42歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

笹川 吉康さん

プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから2位で指名された

笹川 吉康さん

明神台リトルグランパース出身 18歳

1月1日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

21歳

11月26日号

藤平 澄子さん

保土ケ谷区の「横浜子育てパートナー」として相談員を務める

藤平 澄子さん

川辺町在勤 64歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク