保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

「みどりの愛護」功労者国交省表彰を受けた境木ふれあいの樹木運営委員会会長 縣 洋之さん 境木本町在住 75歳

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

樹林通して人の輪広がる

 ○…「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した境木ふれあいの樹林運営委員会の会長を務める。「特別何かをやったという実感はない。先代のあと、やり方を引き継いで、地域の人々に良かれと思ってやっただけ」と今回の受賞を謙遜気味に話す。それでも、樹林の管理を通して住民同士でつながりが広がり、強固になっていっているようすに目を細める。

 ○…静岡県浜松の生まれ。大学卒業後、プラント関係の仕事に国内外で従事し、勤め上げてきた。退職後も妻が経営する犬のトリミングやグッズ販売店の経営を手伝っている。その傍らで東戸塚グリーンタウンの自治会長や社会福祉協議会の会長などといった地域の多くの要職を務め、多忙の毎日を送る。それでも責任を持って黙々と取り組む姿勢に隣に座る権太坂境木地区連合自治会の田中久会長は「彼がいてくれるからこそ、本当に助かっているのですよ」と信頼の言葉を口にする。

 ○…多忙の日々の中での楽しみはスポーツ観戦。特に大学在学時にテニス部で活動していた経験から「錦織圭選手や大坂なおみ選手ら日本人選手が出場する試合は気にしている。大坂選手が四大タイトルを獲得した時は嬉しかったよね」と表情を崩す。また、お酒を嗜むことも楽しみの一つ。妻と時折晩酌を交わすだけでなく、酒に合う料理や妻の分までお弁当を作ったりするなど、家庭的な一面ものぞかせる。

 ○…同運営委員会の会長を務めて約5年が経過した。「そろそろ若い人たちにもどんどん託していきたい」という思いを抱きながらも「会長を務めきたことで樹林についていろいろと学べて来られたし、楽しい」と、樹林に数年前に自生したキンランとギンランの写真を優しい目で見る表情からは愛情を伺える。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

川村 敏巨さん

保土ケ谷区剣道連盟の会長に就任した

川村 敏巨さん

上菅田町在住 63歳

6月17日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

萩原 聡敦さん

(公財)横浜市老人クラブ連合会主催のかがやきクラブ横浜将棋大会で優勝した

萩原 聡敦さん

今井町在住 62歳

6月3日号

寺山 洋司さん

権太坂境木自治会で150号の発行を迎えた「安全・安心たより」の発案者

寺山 洋司さん

55歳

5月27日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

5月20日号

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter