保土ケ谷区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

新たに保土ケ谷区長に就任した 出口 洋一さん 神奈川区在住 58歳

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena

「悠々として急げ」体現

 ○…「職員同士が知恵と力を合わせて『チーム保土ケ谷』で取り組んでいく必要がある」。着任後すぐ職員たちに呼びかけたのは「信頼される区役所づくり」への想いだった。新型コロナウイルスの影響で地域の人たちと顔を合わせる機会も減り、業務にも制限がかかる中での厳しい船出となったが「こんな時だからこそ、区民の皆様に寄り添えるよう力を尽くしたい」と意気に燃える。

 ○…新潟県出身。地元で大洋ホエールズ(現DeNAベイスターズ)対阪神タイガースの試合を見た日から、大洋ホエールズのファンになった。大学卒業後、横浜市役所に入庁すると区役所だけでなく総務局、経済局、こども青少年局や大学病院、みなとみらい線など18の部署を経験。様々な分野を渡って得た経験や出会いは、今でもかけがえのない財産だ。

 ○…2009年の横浜開港150周年記念式典では、両陛下のご臨席による宮内庁との調整や横浜出身のアーティスト・ゆずへの出演交渉など式典成功に向けて奔走。「テーマソングの『みらい』を初めて聴かせてもらったときは、感激して涙がでました」と感慨深げに振り返る。プライベートでゆずのコンサートに足を運ぶことも。「会場で『みらい』を聞くと嬉しくなる。当時の思い出が蘇ります」

 ○…欧州やアジアの各国をバックパッカーとして渡り歩いた経験もある「大の旅好き」。国内では東北の秘湯巡りがお気に入りで「温泉ソムリエの資格を取りたいな」といたずらっぽく笑う。モットーは小説家・開高健が残した名言『悠々として急げ』。「時間には限りがある。スピード感が必要だが、余裕を持つことも忘れたくない」。悠々と急ぎながら『いつまでも住み続けたい町』へ向かって舵を切る。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

23歳

10月22日号

堀 功生さん

保土ケ谷区連合町内会長連絡会の会長に就いた

堀 功生さん

初音ケ丘在住 73歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月1日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化される児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

39歳

9月17日号

三村 大輔さん

保土ケ谷産ワインづくりプロジェクトで原料となるぶどうを栽培する

三村 大輔さん

川島町在住 40歳

9月10日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

72歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク