保土ケ谷区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

保土ヶ谷区薬剤師会の会長を務める 石井 泰彦さん 西谷町在勤 42歳

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

若さ武器に新風吹かす

 ○…医師会・歯科医師会・ケアマネなどの多職種と連携し医療を提供するほか、区内学校の環境衛生検査やプールの水質検査、災害医療など多岐に渡り活動する「保土ヶ谷区薬剤師会」の会長に昨年、就任した。ベテランの先輩が多く在籍する中での会長職の依頼に初めは戸惑ったものの「若いからこそできることがある」と快諾。自身が大切にする「スピード感」を武器に、フレッシュな風を吹かせている。

 ○…祖父母の代から続く岡沢町の「石井薬局」は創業51年を迎える。「親の背中を見て、自然と薬剤師を志していた」と話す一方「敷かれたレールの上を走っている感じはしない」ときっぱり。現在は西谷駅そばの「薬保会調剤薬局」に勤務し、地域密着で区民の健康を支える。「薬剤師は食事や運動のアドバイスなど、健康相談に乗ることもできる。困っていることや分からないことはもっと気軽に薬局に相談してほしいんです」

 ○…「リーダー的な役割は得意な方ではなかった」というが、そんな性格を変えたのは若手経済人の有志からなる横浜青年会議所(横浜JC)での経験だった。頭が切れる人、惹きつける話ができる人--。同世代の個性豊かな仲間と関わるうちに「負けたくない」とライバル意識が湧いた。情報の取り方や判断力、実行力、そして一番重要視しているスピード感。負けん気を原動力に培ったスキルの全てが「今に生きてますね」と懐かしそうに目を細める。

 ○…峯小、宮田中、光陵高校出身。趣味を聞けば「中・高・大と部活動で続けたバスケは今でもたまに」と笑顔。横浜JCの仲間と回るゴルフも楽しみのひとつだ。「あとはダーツも」。その豊かさに驚くと「意外と多趣味なんですよ」といたずらに笑った。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

50歳

5月12日号

丸山 裕二さん

4月から保土ケ谷公会堂の新館長に就任した

丸山 裕二さん

星川在勤 60歳

4月28日号

堀田 廣公さん

保土ケ谷消防署の新署長に就任した

堀田 廣公さん

神戸町在勤 58歳

4月21日号

寺崎 富美さん

3月22日付で保土ケ谷警察署長に就任した

寺崎 富美さん

川辺町在勤 57歳

4月14日号

新堀 三郎さん

第8回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞の作品を考えた

新堀 三郎さん

和田在住 83歳

4月7日号

カテリーナさん

横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 35歳

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook