保土ケ谷区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

【Web限定記事】ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けた慶応大の投手 木澤 尚文さん 日吉在住 22歳

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena

思い出の地で活躍誓う

 ○…「ボールの強さが武器」と話す最速155キロの本格派右腕。1巡目の指名に「驚きと同時に、期待に応えないとという責任を感じた」と回想する。目標は”開幕一軍”。「1年間チームの戦力になれるように」と体力強化に励み、2月1日から沖縄で始まったキャンプでは一軍スタートとなった。

 ○…千葉県出身。友人に誘われ、小2で少年野球チームへ。身長が高く当時からポジションは投手。6年時には県選抜に選出されるなど才気の片鱗を覗かせていた。甲子園での活躍や早慶戦への憧れから慶応高校へ進学。そのまま慶応大に進み、7年を日吉の地で過ごした。大きな転機は大学2年で迎えた、秋の早慶戦。先発を託されるも3回で降板し「何がではなく、全て通用しないと痛感した」という悔しさが成長の糧になった。なかでも当時の助監督の”考えて練習すれば必ず上手くなる”という言葉は「闇雲に量をこなすのではなく頭を使うことが大切」と野球観に大きな影響を与えたという。

 ○…「野球を忘れる時間はない」と休日もメジャーリーガーの投球動画を見て、選手や指導者の著書を読んで過ごす。そんな中、高校時代は練習終わりに週6日は通ったというのが、日吉の定食屋『とらひげ』。お気に入りの”にら丼”などボリューム満点の料理が183cmの体を育てた。「ご飯だけでなく、色々な相談もできる実家のような存在」と微笑む。

 ○…対戦が楽しみな選手は、郡司裕也捕手(中日ドラゴンズ)。「練習でも打たれた記憶しかない」という大学の1学年上の先輩だ。ヤクルトの本拠地・明治神宮野球場は共に汗を流した思い出の地。「自分を成長させてくれたマウンドで、三振を取ることで恩返しをしたい」と意気込む。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

寺坂 悦郎さん

保土ケ谷区商店街連合会の会長に就任した

寺坂 悦郎さん

上星川在勤 65歳

10月21日号

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

月見台在住 78歳

10月14日号

村瀬 悠さん

「あったかほどがや寄付」のロゴマークを作成した

村瀬 悠さん

横浜国立大2年生 

10月7日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月30日号

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook