保土ケ谷区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した 山田 真由美さん 坂本町在住 50歳

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena

「この瞬間」を大切に

 ○…長年勤めた介護の仕事を離れ、50歳を目前にした昨年1月、カメラマンとして新たなスタートを切った。普段は出張撮影のほか坂本町の自宅をスタジオに、高齢者のナチュラルな表情を写真に収める。今の仕事は「好きなことの寄せ集め」だ。「60歳には10年もキャリアができる。60歳で『楽しい』と思える人生なら、その先はきっともっと楽しい」。未来の自分が輝くために「今この瞬間」を楽しみながら挑戦をつづける。

 ○…介護施設で働いていたときのこと。認知症で攻撃的になっていた女性にマニキュアを塗ってあげると、これまでの暴言がピタッと止まった。爪が綺麗になるとメイクに興味が湧く。メイクをすると髪も気になる。美容院にいくには、歩けるようにならないと--。そうして元気になる高齢者を何人も見てきた。「美容の力はすごい」。気づいたらあっという間、仕事と並行して通信制の美容学校に入り、綺麗な姿を残すためカメラを手に取り、ライティングや加工技術を学んだ。

 ○…「女は何歳になっても女。美に貪欲なんです」。爽やかに言い放ち、カラッと笑う。それでも、綺麗になって喜ぶのは女性だけではない。「おばあちゃんが綺麗になるとおじいちゃんも喜ぶ。夫婦の撮影で、旦那様が優しい眼差しで奥様を見つめる姿を見ると、たまらない」。そしてそんな、ふとした瞬間を形に残せることが「幸せでやりがい」だ。

 ○…趣味もカメラ。人や動物のミニチュアで遊び心溢れる写真を撮影する。「笑ってもらうのが好き」と話しながら開けた自宅の冷蔵庫には、卵の殻からヒヨコのミニチュアがひょっこり。「自分でも馬鹿なことしてるなあって思う」。少女のような茶目っ気たっぷりの笑みを浮かべた。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

萩原 聡敦さん

(公財)横浜市老人クラブ連合会主催のかがやきクラブ横浜将棋大会で優勝した

萩原 聡敦さん

今井町在住 62歳

6月3日号

寺山 洋司さん

権太坂境木自治会で150号の発行を迎えた「安全・安心たより」の発案者

寺山 洋司さん

55歳

5月27日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

5月20日号

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

梅本 千晶さん

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める

梅本 千晶さん

月見台在住

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter