保土ケ谷区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位で指名された 福永 奨(しょう)さん 川島イーグルス出身 22歳

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena

己と向き合い努力重ね

 ○…「1週間前から寝られなかった」ほどの緊張感で臨んだドラフト会議。「夢見ていたプロに行ける」と胸を熱くしつつ「大学生で選ばれた自分は即戦力を求められている」と気を引き締める。指名をされたのは、今期25年ぶりにパリーグを制したバファローズ。「若手の方も活躍していて勢いのあるチームでプレーできることは幸運。早くついていけるようになりたい」と意気込む。

 ○…父の影響で小学2年生から野球を始め、区の選抜チームに入るほどの実力に。横浜高校時代は甲子園に出場、その後「技術面や人間性を磨くため」大学進学した。3年で正捕手になるも結果が出せず、試合に出れないことも続き「本当に悔しかった」。中高で主将を務めた経験もあり、4年で主将を任された。自分と向き合う時間が増え「波があった」基礎練習やフォームの見直しを徹底。大黒柱として部員への声かけや気遣いも忘れず部の士気を高め、今年の東都大学野球リーグで同大学の春季初優勝を掴んだ。「自分たちの代で初優勝できるなんて」と喜びを噛みしめる。

 ○…幼少から運動が大好きで「小1なのに6年に交じってドッジボールするのが楽しみだった」と笑顔。一方で「ドラマが好きで、前クールの作品は全部見ていたかも」という一面も。保土ケ谷区の実家の父、母、姉にはすぐに連絡し感謝を伝えた。「ずっと応援してくれた家族や親戚、支えてくれた人に結果で応えたい」と力を込める。

 ○…175cm、87kgの体躯から繰り出される正確なスローイングと強肩、勝負どころで決める打撃が武器。「横浜高校や国学院大学出身の先輩方と戦いたい」と抱負を語る。「プロ入りに満足せず、高いレベルに達するために何ができるかを考え練習に励みたい」

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

早川 尚希さん

開館10周年を迎えた川島地域ケアプラザの所長を務める

早川 尚希さん

川島町在勤 38歳

1月27日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

39歳

1月20日号

有馬 優さん

2つの弁論の全国大会で準優勝を受賞した

有馬 優さん

仏向町在住 34歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月1日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

50歳

12月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook