保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

開館10周年を迎えた川島地域ケアプラザの所長を務める 早川 尚希さん 川島町在勤 38歳

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

「ケセラセラ」の精神で

 ○…「10年かけて地域の皆様にケアプラの存在を知ってもらうことができた。相談件数は増えている。顔の見える関係を深め、『あってよかった』と思われる存在にしていきたい」。コロナ禍で地域住民との対話もままならない状況下にも、「見守りの目が温かいこの地域性を生かし、見守りのネットワークを広げることができれば」と前を向く。力強く語るその姿に、実直な人柄がにじみ出る。

 ○…高校2年生の頃、父親が体調を崩し入院。漠然とした不安にさいなまれたていた青年の気持ちを察した看護師から受けた「寄り添いの姿勢」に救われた。ここが人生のターニングポイントとなった。「人のために寄り添える仕事に就きたい」。大学で福祉を学び、社会福祉士の資格を取得。卒業後、後に川島地域ケアプラザの指定管理者となる社会福祉法人に就職し、10年前の開所時から福祉サービスを必要とする地域の人の相談に応じ、助言や援助を続けてきた。

 ○…仕事柄、デスクワークが多く、30歳を過ぎた頃から運動不足解消を兼ね神奈川区内の自宅から自転車で通勤。現在の「愛車」はロードバイクと呼ばれる競技用自転車で、休日には湘南方面や羽田方面まで足を伸ばすこともしばしば。「無心で風を感じながらペダルをこぐ、この時間が至福の時」だ。

 ○…常に心に置く言葉がある。「ケセラセラ」。日本語で言えば「なるようになるさ」というスペイン語だ。コロナ禍でイベントやサロンの開催ができず、地域住民との交流が図れないなど、「難局」ともいえる状況の中、迎えた新たなステージだが、強風に吹かれる柳の枝のような、しなやかさと、持ち前の忍耐強さで、この局面を打開する。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

矢本 大祐さん

地域の清掃や健康づくりなどに取り組む社会人スポーツクラブ「西谷AFC」の代表

矢本 大祐さん

上星川在住 32歳

5月19日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

50歳

5月12日号

丸山 裕二さん

4月から保土ケ谷公会堂の新館長に就任した

丸山 裕二さん

星川在勤 60歳

4月28日号

堀田 廣公さん

保土ケ谷消防署の新署長に就任した

堀田 廣公さん

神戸町在勤 58歳

4月21日号

寺崎 富美さん

3月22日付で保土ケ谷警察署長に就任した

寺崎 富美さん

川辺町在勤 57歳

4月14日号

新堀 三郎さん

第8回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞の作品を考えた

新堀 三郎さん

和田在住 83歳

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook