鶴見区版 掲載号:2011年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

花月園を舞台にしたミュージカルを制作した(株)W.Dreamエンターテインメント代表 伊藤 大輔さん 生麦在住 41歳

創造は産みの楽しみ

 ○…「鶴見には『西の宝塚、東の花月園』と呼ばれるほどのエンターテインメントの本拠地があった。それを知らない人は多い」。その昔、東洋一の大遊園地とうたわれた『花月園遊園地』。少女歌劇団など、文化芸能の発信地として名を馳せた。たくさんの人に知ってもらおうと、当時を背景に盛り込み、オリジナルミュージカルに仕立てた。「ここから発信されていたエネルギーがたくさんあったはず。その炎を消しちゃいけないと思った」。制作のきっかけをそう話す。

 ○…千葉県出身。真田広之さんに憧れ、中学2年のときにアクション俳優の夢を持った。高校2年で千葉真一さんが主宰するジャパンアクションクラブに入団。そのとき派遣されたミュージカルの舞台で楽しさを知り、劇団四季にも約5年所属した。鶴見に来たのは7年ほど前、パートナーのWAKAKOさんとともに、ダンススタジオを開いたのが花月園駅前だった。「芸能の発信基地があったなんて知らずに始めた。運命だと思った」

 ○…脚本から演出、歌、振り付けなど、全てをこなす。「でも、勉強したことはなく独学」と笑う。週に1度は休みを取るようにしているが、制作中は夢中になる。「なぜか休まなくても集中力が続く。スイッチが入るとご飯も食べない」と”演劇好き”を発揮。「でも、産みの苦しみではなく、産みの楽しみ」とおどける。

 ○…「良いものを提供するのが仕事。最終的に誰が観ても、みんなが面白いと言ってくれるものを作りたい」。現在、構想中の計画がある。何らかの理由で夢を諦めた人に、楽しみながらできる舞台を作りたいという。「スタジオに通っている48歳の男性会社員の方が、舞台が夢だったけどできなかったと言っていた。その人が、レッスン中は良い顔をするんです」と微笑む。輝いた顔からパワーがもらえる。観客、生徒の笑顔のため、今日もエンターテイナーは創造を止めない。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

松野 良明さん

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する

松野 良明さん

2月22日号

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク