鶴見区版 掲載号:2011年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

特別養護老人ホーム 入所待ち4090人 鶴見区は市内2番目の多さ

社会

特別養護老人ホームの在宅入所待ち者
特別養護老人ホームの在宅入所待ち者

高齢化に整備追いつかず

 保育園に入れない子どもが「待機児童」と呼ばれるのに対し、特別養護老人ホームに入れない高齢者は「待機老人」と呼ばれ、社会問題化している。横浜市内でも、常に介護が必要な人が生活する特別養護老人ホームへの入所を自宅で待つ人の数が増加。今年4月現在、入所待ち人数は、市全体で4090人に上り、そのうち鶴見区は326人と市内2番目の多さとなっていることがわかった。鶴見区役所でも、「ひざ痛予防セミナー」など、健康づくり事業に力を入れるが、介護を必要とする高齢者の施設不足は深刻で、施設整備が追い付いていないのが現状だ。

 市健康福祉局によると、今年4月30日現在で、市内の65歳以上の高齢者は約73万人。そのうち約12万人が要介護認定者となっている。高齢化は今後、急速に進み、団塊の世代が高齢期を迎える2014年には、高齢者は86万人に達し、約4人に1人が高齢者になると市は見込んでいる。

課題は医療対応

 特養は、常に介護が必要で、家庭での介護が困難な要介護度1〜5の人が対象の福祉施設。介護保険施設のため、費用負担が軽いのが人気の理由となっている。現在、市内に134施設があるが、急激な高齢化に整備が追い付いていない。区内には2施設があり、定員は合計で294人。今後は、来年1月の江ヶ崎町をはじめ、平成25年度中に矢向、江ヶ崎町に開所予定で、計240人の入所定員が増える見込みだ。

 入所するまでの平均日数は14ヵ月を要しており、市は中期4か年計画で、2013年までに12ヵ月にする目標を定めている。

 同局高齢施設課では「施設は介護保険料を勘案しながら、約1年以内に入所できる水準として、今年度は390床の整備を進めている」とし、入所待ちの人数については「将来を見越して申請している人もいるので、緊急性の高い人ばかりではない」と説明。

 実際、要介護度4〜5の人は2436人と全体の6割程度だが、問題は大半の施設が医療的ケアに対応していないことだという。このため、治療が必要な人が入所待ちになるケースも多く見られることが課題となっている。市では「医療対応促進助成金」として、今年度、2億4000万円を計上しているが、抜本的な問題解決には至っていない。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

プール水500トン 消火用に

鶴見から東北へ祈り

いざに備え 本部訓練

しょうじゅの里小野で内覧会

市長を表敬訪問

潮田中マーチングバンド部

市長を表敬訪問

3月15日号

三ツ池公園に記念樹

おっさんネットワークつるみ

三ツ池公園に記念樹

3月15日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク