鶴見区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

EVタクシー普及へ実験 東部病院に共用のりば

社会

優先配車されるEVタクシー(済生会横浜市東部病院で)。期間中は区内タクシー会社2社の計6台をなるべく集中させる方向
優先配車されるEVタクシー(済生会横浜市東部病院で)。期間中は区内タクシー会社2社の計6台をなるべく集中させる方向

 EV(電気自動車)タクシーの普及を目的に、済生会横浜市東部病院で4月18日、全国で初めてとなるEVタクシーと従来のタクシーを交互に配車するシェア乗り場の実証実験が始まった。

 実験は、神奈川県や横浜市、県タクシー協会、日産自動車などが協力し実施するもの。タクシー利用が多く、区内にEVタクシーを導入している東宝タクシーと日野交通の2社があることなどから東部病院が選ばれた。実験前7台あった待機所の2台分をEV専用として変更。7月20日まで継続し、利用者やドライバーへのアンケートなどから有効性を図る。

導入のハードル高く

 県内のEVタクシーは計53台と、県が掲げる目標100台の半数にとどまっている。EVは環境性に優れ、電気代が安いなどメリットがある反面、1回30分程度の充電が日に2回から3回必要となり、営業ロスが大きいなどのデメリットもある。そのため、タクシー業界への普及が進んでいないのが現状だ。

 東宝タクシーの大野慶太専務は、「航続距離も短く、通常の流しは厳しい。だが、静かで良いなど、利用者の評判はいいので、多くの人がEVに触れるきっかけになれば」と話す。

 また、県蓄電推進課は、「普及にはタクシーの台数増加が不可欠。今回の実験で利用者の声を集めたり、短距離でのEVの有用性を広めるなど、業界、利用者双方に良い取り組みになれば」と普及への第一歩に期待をかけている。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク