鶴見区版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

米屋を彩るアート 趣味高じて展示

飾った後は家族で食べたり、友人や得意先にプレゼントすることも
飾った後は家族で食べたり、友人や得意先にプレゼントすることも

 いくつものバラの花と独特の模様が華やかな彫刻作品。実はこれ、スイカ。しかもなぜか米屋の店先で麗々しく飾られている。作者は一体誰なのか。

 作っていたのは、上末吉1丁目にある小林米店の小林泰知さん。6年ほど前から趣味で果物や野菜、石鹸などに草花などの模様を彫刻するタイの伝統技法カービングを始めた。「作品を作るとみんなに見てもらいたくなって。家族にも勧められて店頭に出すようになりました」

 本場タイでは食卓やパーティーなどに用いられテーブルに彩りを添えるというカービング。通行人はそのあでやかさについ目を奪われる。特に登下校する近所の幼稚園生や小学生が見て行くそうで、思わず繊細な彫りに手を伸ばして触ってしまう子もいたという。周囲から「うちでも飾りたい」と言われることも。数年前、評判を聞きつけた近くの信用金庫の支店長から依頼され、店内展示をしたこともあるという。

 店頭に出しているのは夏の間だけ。見栄えのいいスイカやメロンが手に入れやすい時期だからだという。痛みが早いため、展示期間は2日ほど。今しかお目にかかれない芸術作品だ。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク