鶴見区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

生麦事件参考館で事件の歴史を語り継ぐ 淺海(あさうみ)武夫さん 生麦在住 82歳

噺家のごとき語り部

 ○…「生意気だけど、今私は時の人かもしれないね」。1862年8月21日、薩摩藩士が英国人を殺傷した生麦事件から今年で150年。館長を勤める生麦事件参考館には国内外のメディアが取材に訪れ、スケジュールはびっしり。周囲からは「先生」と呼ばれ尊敬を集める。

 ○…生麦の酒屋の家庭に生まれ家業を継いだ。「本当は絵描きになりたかったんだけれど。父が倒れてしまって。仕方なくだった」。当初は気の進まなかった家業だが、やがて酒の道具を集めた資料館を作ろうと思いつき、1994年に実現。同時に生麦事件参考館も設立させた。きっかけは鹿児島から事件の碑を見に来た男性との出会い。生麦事件は近代国家成立の発端なのに資料を見せる場がないのかという手紙をもらった。「その言葉にうたれまして。地元で長くごはんを食べさせてもらっているし、自分にできることをして恩返ししたいとも思った」

 ○…1976年から生麦事件に関する資料や文献を国内外から収集。当初は事件の資料はほとんど残っていないため集めるのは無理だと言われていた。「凝り性なんです。やりだしたらとことんやらないと気がすまない」。没頭する姿を支えてきたのは妻。参考館に不在の時は妻が見学者の対応をしていた。「きっちり対応してくれるから私がいなくてもよかったなんて言われたこともあった。ここまでできたのはカミさんのおかげだと思う」。妻は昨年8月に亡くなり、就寝前仏壇に話しかけるのが日課になっている。

 ○…参考館の見学者には自らガイドをする。噺家のようにテンポのいいしゃべり口に惹きつけられる。地元の人向けには地元らしいエピソードを織り交ぜるなど、聞き手に合わせ内容も変える。取材中も手元にあるペンを噺家の扇子のようにペチンと叩く音が軽快に響く。「地元のためにも私が死んだ後もこの参考館を残していきたい」
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

山田 三夫さん

仲間とともに区制90周年記念チャリティー社交ダンスパーティーを企画する

山田 三夫さん

2月1日号

伊藤 詔子さん

史季の郷ボランティアの代表として活躍する

伊藤 詔子さん

1月25日号

畑井(はたい) 勝也さん

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う

畑井(はたい) 勝也さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク