鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

ボランティア部代表として、被災地支援などに力を入れる 森 春奈さん 鶴見大学文学部 20歳

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena

「何かしなきゃ」を原動力に

 ○…鶴見大学学生ボランティアが中心となり、被災地の小学校を訪れ、学習支援や交流を行う企画「学びーば」。代表として、「子どもたちの笑顔のために」と懸命に企画を練っている。一連の被災地支援活動が評価され、このほど一般財団法人学生サポートセンターから表彰を受けた。

 ○…高校生の時に起きた東日本大震災。その映像は、衝撃だった。「何かやらなきゃ」。大学入学後にボランティア部に入部。被災地を訪れ、「なかなか言う事を聞いてくれなかった子が、ボールにありがとうとメッセージを書いてくれた」と、嬉しげに話す。昨年10月に先代部長に指名され、5代目部長に就任。「人前に出るタイプじゃない」と戸惑ったが、自己研鑚のためにと引き受けた。「大変だけど、みんながカバーしてくれるからやりやすい」。親しみやすい人柄だからこそ、よき仲間に囲まれる。

 ○…大学では文学部に所属する。将来やりたいことについては「まだ決まっていない。今はボランティア部の活動を頑張りたい」と一筋。「いろんな人に会える」活動を通し、将来像を模索していくつもりだ。息抜きは漫画を読むこと。「ゆるゆるした、丸っこいキャラが好き」と女の子らしい一面を覗かせる。「ウィンドウショッピングも好き。特に、小物や古本など、薄暗いところを探索する」と目を光らせる。

 ○…「少しでもやれると思ったことは行動に移していきたい」。穏やかな語り口からは、内に秘めるエネルギーが見え隠れする。大学生活も折り返し。「次の世代への引き継ぎもしなきゃ」と、抱える課題は多い。それでも「何事も前向きに。笑顔でやっていれば周りもついてきてくれると思う」。持論を裏付けるのは、これまで見てきた、たくさんの子どもたちの笑顔。「学びーばで一人でも多くの子どもが笑顔になれば。それを見て、被災地に笑顔が広がれば」。5代目代表として、ひたむきに向かい合う。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月14日号

九鬼(くき) 理宏(みちひろ)さん

キリンビール(株)横浜工場の工場長として活躍する

九鬼(くき) 理宏(みちひろ)さん

生麦在勤 57歳

1月7日号

田中 光哉(みつや)さん

東京パラリンピックに出場するパラテコンドー選手

田中 光哉(みつや)さん

向井町在住 28歳

1月1日号

丸山 朋子さん

鶴見のセラピスト3人によるイベント「つるみ癒しいち」をまとめる

丸山 朋子さん

寺谷在住 50歳

11月26日号

吉田 千賀子さん

豊岡地区老人会連合会の文化祭を主体となり運営してきた

吉田 千賀子さん

豊岡町在住 78歳

11月19日号

池田 進さん

横浜市交通安全功労者表彰を受けた池田内燃機工業(株)の代表取締役社長

池田 進さん

寺谷在住 56歳

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク