鶴見区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

認知症対応の実践学ぶ 郵便局員が見守り役に

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
患者への対応事例を演じた人形劇
患者への対応事例を演じた人形劇

 認知症患者を見守るサポーターを養成する「認知症サポーター養成講座」が3月20日、岸谷会館で開かれた。当日は、東寺尾第二郵便局と岸谷郵便局などの職員らが参加し、認知症への理解を深めた。

 養成講座は、厚生労働省が旗振り役となり、認知症について正しく理解し患者を見守るサポーターを育てるもので、全国各地で行われている。

 今回の講座は、東寺尾地域ケアプラザと鶴見区が企画。東寺尾第二の遠峯孝局長が、利用客の中にも認知症患者がいることから、講座開催を希望した。

 これまでに、認知症の特徴などを学ぶ第1回を昨年11月に開き、今回は最終回。参加者は郵便局に認知症と思われる人が来たときの対応法などを学んだ。終了後にはサポーターの証としてオレンジリングが渡された。

 岸谷の小池秀岳局長は、「普段は感覚的に対応してしまっている面もあるので、講座で知識を得たことで、より自信をもって接客できるようになると思う」と感想を話していた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

オンラインで防災会議

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンラインで防災会議 社会

コロナ禍の災害を想像

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

医療と経済に重点配分

【Web限定記事】横浜市 補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

“持ち帰り”に目印

“持ち帰り”に目印 社会

潮田 飲食店にボード設置

5月21日号

困窮学生の生活、学習を支援

困窮学生の生活、学習を支援 社会

鶴大、商大が給付制度新設

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク