鶴見区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

認知症対応の実践学ぶ 郵便局員が見守り役に

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
患者への対応事例を演じた人形劇
患者への対応事例を演じた人形劇

 認知症患者を見守るサポーターを養成する「認知症サポーター養成講座」が3月20日、岸谷会館で開かれた。当日は、東寺尾第二郵便局と岸谷郵便局などの職員らが参加し、認知症への理解を深めた。

 養成講座は、厚生労働省が旗振り役となり、認知症について正しく理解し患者を見守るサポーターを育てるもので、全国各地で行われている。

 今回の講座は、東寺尾地域ケアプラザと鶴見区が企画。東寺尾第二の遠峯孝局長が、利用客の中にも認知症患者がいることから、講座開催を希望した。

 これまでに、認知症の特徴などを学ぶ第1回を昨年11月に開き、今回は最終回。参加者は郵便局に認知症と思われる人が来たときの対応法などを学んだ。終了後にはサポーターの証としてオレンジリングが渡された。

 岸谷の小池秀岳局長は、「普段は感覚的に対応してしまっている面もあるので、講座で知識を得たことで、より自信をもって接客できるようになると思う」と感想を話していた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク