鶴見区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

(PR)

かかりつけ医ふれ鶴 めまいは大病のサイン 脳外科医が解説

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena

 「ふれ鶴」の愛称で親しまれている、東寺尾のかかりつけ医「ふれあい鶴見ホスピタル」で9月24日、一般市民向けの無料の医学講座が開かれる。時間は午後1時から。

 講座は同院が地域住民に医療・介護の知識を深めてもらおうと医師や専門職を講師に無料開講している。

 今回のテーマは、「めまいに隠れた怖い病気」。脳神経外科を担当している土屋喜照医師が講演する。

 同院では、様々な種類のめまいを訴えて受診を希望する患者が少なくない。

 土屋氏によると、「めまいには、ぐるぐる目が回る回転性のもの、クラっとする立ちくらみのようなものなど、それぞれに異なる原因がある」という。これらは、脳腫瘍、脳血管障害など大きな病気が関係している可能性もあるため、「慢性的なめまいがある人は、一度病院で相談・診察を受けてほしい」と話している。

 参加無料。予約不要で当日直接同院総合受付へ。

講師の土屋医師
講師の土屋医師

ふれあい鶴見ホスピタル

横浜市鶴見区東寺尾4-4-22

TEL:045-586-1717

http://www.fureai-g.or.jp/tsu/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク