鶴見区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

がんに挑む「みらい企業」 ジェイファーマ 市の支援対象に

社会

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
遠藤仁代表
遠藤仁代表

 小野町で抗がん薬などの医薬品開発に取り組むジェイファーマ株式会社(遠藤仁代表取締役)がこのほど、知的財産を活かして活動する中小企業として、横浜市から「横浜知財みらい企業」の認定を受けた。

 「みらい企業」の認定は、独自の開発技術などの知的財産を持つ市内中小企業の支援を目的に実施。認定企業は金融支援などが受けられる。鶴見区内では現在、ジェィファーマを含む7社が認定されている。

世界初の発見で創薬

 ジェイファーマは、2005年に設立された、社員5人のベンチャー企業。

 同社の代表的な知的財産は、がん細胞の成長を抑制し、がんの進行を阻止する薬だ。従来の抗がん薬とは異なる方法でがんを治療する新薬として期待されている。

 新薬は、がん細胞が成長に必要な栄養を取り込む「通り道」をふさぐ働きをする。栄養を入れる「通り道」は、がん化していない正常な細胞にも存在する。しかし、がん細胞には特有の「通り道」があることを遠藤代表は世界で初めて発見した。

 新薬はがん細胞の「通り道」だけをふさぎ、がん細胞を死滅させる。そのため、正常な細胞は影響を受けず、副作用も少ないという。

寿命を100歳に

 新薬は開発段階だが、あらゆるがんに効果を発揮する可能性があるという。

 遠藤代表は、「日本人の死因で最も多いのががん。誰もが100歳まで生きられるように、これからも創薬に取り組んでいきたい」と話していた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

無観客ライブを生配信

ピアノトリオH ZETTRIO

無観客ライブを生配信 文化

15日、29日

7月9日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月9日号

「撮っておき」の写真募集

「撮っておき」の写真募集 文化

市営交通カレンダー企画

7月9日号

「IR」再検証を

「IR」再検証を 社会

市民団体 コロナ禍で市に意見書

7月9日号

返礼27品を追加

横浜市ふるさと納税

返礼27品を追加 経済

新型コロナ対策支援で

7月9日号

別所熊野神社に植樹

別所熊野神社に植樹 社会

田口園芸 55周年でサクラ

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク