鶴見区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

公開中の映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌「ひまわりの約束」を歌う 秦 基博さん 青葉区出身 34歳

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena

楽曲たちの色 心に届け

 ○…家族や恋人、友人―。支え合い、痛みや喜びを共有できる隣人の世界を描いた歌が、映画を通じて日本全国に広がった。「離れてても、相手に起きたことがすごく近くに感じられる距離感ってある」。会えなくても、当時を思い出しながら何かを共有できる旧友。自らの経験にそっと思いを馳せる。

 ○…「自分の中にある世界が形づくられ、表現できる」。12歳でギターを手にした頃から、音楽の原点になっているのが「弾き語り」だ。単純に楽しくて、自分が思ったことを音楽にしようと作詞作曲にのめり込んだ。楽曲にある景色には、住んでいた青葉区や、ライブ拠点だったみなとみらい方面なども顔を出す。「何となく歌っている街並みも、どこか自分の中で原風景として残っているものが、根底にある」。ライブの構想時にも「地元横浜は外せない」と語る。

 ○…宮崎県で生まれ、小2のとき青葉区へ。少年野球や、市立谷本中学校ではバスケ部で汗を流した。「野球もバスケも楽しい時期を過ぎると苦しくなって、投げ出してた。でも音楽だけは違う」。ふと目つきが変わる。部活が終わると夢中でギターを弾き、歌う日々。高校ではバスケ部に仮入部したが、選んだのは軽音楽部だった。「学校生活ありきで、音楽は半分遊びというか日記みたいなもの」。プロを意識し始めた大学時代。卒業後も、アルバイトの傍ら横浜を拠点にライブ活動を続けるも、壁に突き当たった。「お客さんが全然増えなくて、歌詞やメロディーが原因かなと。イメージがどうしたら伝わるか真剣に考えるようになった」。聴き手を意識した言葉選び、曲づくりへの転機になった。

 ○…代表曲21曲を弾き語りにした、初のベスト盤「evergreen(エヴァーグリーン)」を10月29日に発表した。多忙な中、休日はぶらりと買い物に行き、大好きな野球漫画を読む。「音楽は何十年でも続けたい」。ライブ特有の空気や瞬間の表現を大切に、観衆に心を寄せる。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク