鶴見区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

氷のツリーを制作・展示する氷屋ツルミセイヒョウ(株)の代表を務める 飯山 尚子さん 向井町在住 51歳

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena

下町の氷屋守り続けたい

 ○…氷の加工・販売などを手掛ける本業のかたわら、氷でできた珍しいクリスマスツリーを毎年制作・展示し、地域住民を楽しませている。かつてさまざまな商店が並んだ地元を元気づけたいという思いがある。「商店は近所の子どもを見守り、時には叱ってくれることもあった。今はマンションが多くなり子どものころに比べるとさみしくなった」。冬はツリー、夏はかき氷が地域の風物詩になりつつある。「かき氷は1年中出していますが、夏は小学生や幼稚園生がたくさん食べにきて、店の前は自転車でいっぱいになることもある」と笑う。

 ○…氷の仕事は曽祖父から半世紀以上続く家業。7年前、先代の父が倒れたことをきっかけにその歴史は一度幕を下ろした。しかし、家業を守りたい一心で、会社の新たなかじ取りに踏み切った。「もったいないと思った。昔からのお客さんもいる」。力仕事も多く女性には難しい仕事かもしれないという思いもあったが、そこで終わらせたくはなかった。「歴史はお金では買えないですから」

 ○…仕事の疲れを癒す秘訣は温泉や愛犬リンちゃんとの時間。リンちゃんは職場でも一緒。「世話をすることで嫌なことも忘れられる」と我が子のようにかわいがっている。力仕事が多い現場では、「ジーパンにTシャツで、おしゃれをする時間がなかなかない」。そんな中でも、指先には美しいネイルが。「少しでも女性らしくいたくて」とかわいらしい一面も。

 ○…時代の流れとともに、同業者の中にはやめていく店も多く仕事は決して楽ではない。「震災で電気料金が上がったり、山場は何度もあった。周りにもなぜそんなにこだわるのって言われることもある」と苦笑する。それでもあえて逆境に臨んでいく覚悟はゆるがない。「残してくれたものを続けていくことは先代への恩返し。氷が好きなんです」。愛しき下町の氷屋をいつまでも守りぬく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

平安名 雄喜さん

まちを盛り上げようとキッチンカーマルシェを企画した

平安名 雄喜さん

小野町在住 33歳

9月2日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月26日号

片岡 由紀さん

箏奏者として日本の伝統楽器・箏の魅力を広める

片岡 由紀さん

上末吉在住 47歳

8月19日号

多田 信哉さん

聖ヨゼフ学園中学・高等学校の校長に就任した

多田 信哉さん

東寺尾在勤 51歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook