鶴見区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

多世代交流型住宅を解説 セミナーに約100人

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
解説する小早川社長
解説する小早川社長

 鶴見会館跡地に整備された市内初の「よこはま多世代・地域交流型住宅」のオープンを前に、2月17日、運営を担う(株)学研ココファンホールディングスの小早川仁代表取締役社長を招いたセミナーが鶴見区役所で開催された。宅建協会横浜鶴見支部、鶴見区訪問介護連絡会、つばさねっと共催。

 地域交流型住宅の整備は、横浜市が推進する事業の一つ。建物はRC6階建て。サービス付き高齢者向け住宅70戸と、子育て世帯を中心とした一般世帯向け賃貸住宅29戸が置かれる。また、居住者と地域住民らの交流スペースも設置し、交流促進を図るコーディネーターを配置することで世代間や地域とのつながりを持ってもらうことが目的となっている。

 当日は約百人が参加。小早川社長の解説後、「スタッフは何人置くのか」といった質問もあがっていた。小早川社長は「スタート時は20人、その後入居状況に合わせながら50人ほど配置する。住民らが集える拠点として、地域の活性化につながれば」と話した。

 開業予定日は4月1日。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク