鶴見区版 掲載号:2015年9月3日号 エリアトップへ

潮田中剣道部重黒木主将 県勢初の日本一 団体連覇逃すも準V

スポーツ

掲載号:2015年9月3日号

  • LINE
  • hatena
トロフィーを手にする重黒木主将
トロフィーを手にする重黒木主将

 第45回全国中学校剣道大会が8月22日から24日にかけて秋田県で開催され、潮田中学校の重黒木祐介主将=人物風土記で紹介=が神奈川県勢ではじめて個人戦日本一に輝いた。同校は連覇をかけて団体戦にも出場。惜しくも決勝で敗れたが、堂々の準優勝となった。

 試合を決めたのは、大会前から入念に磨いてきた面への一撃だった。「相手が避けようとしたところを普段通り攻められた。会心の一撃」と振り返る。

 現在大学2年生の兄以来となる県勢ベスト8を果たし、悲願の頂点へと周囲の期待が高まるなかでも冷静さは失わなかった。「プレッシャーはあまり無かった。大塚先生と挑む最後の個人戦なので、優勝したかった」。顧問の大塚陽介教諭の金言通り、決勝戦でも慎重な試合運びで隙を見せなかった。

 「道場の先生や歴代の先輩、県中体連の方々への感謝の気持ちが湧き上がってきた」。神奈川の剣道史を新たに切り拓いた重黒木主将の胸には、頂点に立った喜びよりも自身を支えてくれた周りの人々への感謝が溢れていた。

重圧背負い戦い抜く

 昨年覇者として団体戦連覇に挑んだ同校男子剣道部。全国連覇まであと1勝となった決勝戦で、4度の優勝経験を持つ強豪・九州学院中学校=熊本県=が立ちふさがった。0対1で迎えた大将戦。一度は追いついたものの、終了間際に一本を連取され惜敗した。大塚教諭は「1年間追われる立場で、見えないプレッシャーを抱えながらよく決勝まで戦った」と選手をねぎらっていた。

 重黒木主将と南波賢人副主将は、9月20日から大阪府で開催される都道府県対抗の団体戦に神奈川県代表として出場する。大将を務める重黒木主将は「みんなが力を出し切れば優勝できる」と、神奈川初の栄冠獲得へ前を向いた。
 

潮田中男子剣道部のメンバー=同部提供
潮田中男子剣道部のメンバー=同部提供

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

シェアサイクル、市全域に

シェアサイクル、市全域に 社会

横浜市が実証実験

8月18日号

「地元の事件、忘れないで」

生麦事件160年

「地元の事件、忘れないで」 社会

参考館の浅海さんに聞く

8月18日号

児童が「下小音頭」を制作

下末吉小学校

児童が「下小音頭」を制作 教育

地域と繋がり復活目指し

8月11日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月11日号

9年ぶり全国の舞台へ

鶴見リトルシニア

9年ぶり全国の舞台へ スポーツ

強豪下し、推薦勝ち取る

8月4日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook