鶴見区版 掲載号:2015年12月10日号 エリアトップへ

ココファン横浜鶴見の事業所長として、世代間や地域での交流に汗を流す 齋藤 泰之さん 鶴見中央在勤 42歳

掲載号:2015年12月10日号

  • LINE
  • hatena

多世代交流の架け橋に

 ○…よこはま多世代・地域交流型住宅のモデルとして今年4月に開館した「ココファン横浜鶴見」の事業所長に、10月から赴任した。地域との結びつきを強めようと、毎月11日には施設内の交流スペースを開放し、入居者と地域住民が参加できるラジオ体操を実施。交流拠点となるべく、「まずは知ってもらいたい」と施設の知名度向上へ数々のイベントを企画している。

 ○…母子家庭で育ったため、幼少期から祖父母と過ごすことが多かった。「介護職は全く頭になかった」と笑うが、会計事務所勤務などを経てキャリアに迷った時、看護師として活躍する知人の姿を見て「手に職を持つ人に憧れた」。特別養護老人ホームなどで現場を学んだ後、元同僚の誘いで学研ココファンに入社した。「圧倒的人手不足」に悩まされる介護現場。腰痛など身体的にも負担がかることもあるが、「認知症で意思疎通を図れない方でも、どうやったらうまく伝えられるかあの手この手を考える。課題をどうクリアするか研究するのが楽しい」とやりがいを感じている。

 ○…家に帰れば3歳と1歳の息子のよきパパに。「子どもの姿をおつまみに、家で一杯飲むのが最高」と顔をほころばせる。最近は健康に気を遣うようになり、朝6時からのウォーキングをはじめた。「妻と長男と3人で30分くらい歩く。3歳の子どもにとってはスパルタかな」と笑う。

 ○…「昔は町全体で子育てしている気がしたが、今は自分たちだけで育てている感覚」と、希薄になりつつある地域のつながりに危機感を覚えている。それだけに「地域で見守るような世界にするため、交流拠点としての質を上げていきたい」と使命感に燃える。地元町会へ加入するなど、一歩ずつ結びつきを強めている。「共通の趣味を持つ人が出会うきっかけになれば。そこから活動が広がって何かが生まれ、地域の活性につながっていく」。交流促進へ仕掛けを打ち出す。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook