鶴見区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

弁天橋駅前にイルミ輝く JFEが点灯中

社会

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
ベンチや通路を囲むようにイルミネーションが施された公園
ベンチや通路を囲むようにイルミネーションが施された公園

 JFEエンジニアリング(株)が現在、横浜本社のある区内弁天町のJR鶴見線・弁天橋駅前の公園を3万5千球のイルミネーションで飾り、帰宅途中の通勤者や近隣住民の目を楽しませている。

 公園は同社の所有地で、2012年に整備し、一般に開放しているもの。イルミネーションは今年で3回目となる。毎年11月中旬ごろから点灯し、昨年は4月末まで続けられた。

 同社広報担当によると、今年の終了時期は未定だが、週末や祝日も関係なく、期間中は毎日午後4時半から午前0時まで点灯するという。

丸の内のノウハウで

 このイルミネーションを設置したのは、グループ会社のJFEテクノス(株)。主にメンテナンス事業を行っているが、パシフィコ横浜指定協力会社として、20年以上展示イベントなどの設備工事も手がける企業だ。

 JFEテクノスが本格的にイルミネーション施工に携わったのは02年の丸の内。以来、今では、都心のイルミネーションの代表格とも言われる、丸の内仲通り周辺の装飾施工を毎年担うほど、技術の高さには定評がある。

星の小道イメージ

 弁天橋駅前のコンセプトは、星の小道というイメージのスターライトストリート。電球の密度を2倍にするなど、目立つように工夫しているという。

 通勤で毎日通るという男性は「以前までは殺風景だったけど、イルミネーションがあると明るい気持ちになる」と笑顔だった。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク