鶴見区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

ブラジル体験の3日間 サンバに音楽、映画も

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
ブラジル伝統のカポエイラ
ブラジル伝統のカポエイラ

 昨年、日本とブラジルの外交樹立120周年を記念し、鶴見区内各所で開かれたイベント「ブラジルWEEK」が、今年も10月21日(金)〜23日(日)に行われる。

関連含め16企画

 市内で最もブラジル人が住む鶴見区と、在東京ブラジル総領事館らが協力して昨年企画したもの。ブラジルの音楽や料理、文化に触れる機会として好評だった。

 今年は、「観る」「聞く」「体験」とテーマをわけ、ドキュメンタリー映画の放送や、多文化の教育・子育てについての講演などを実施する。

 22日には、鶴見区民文化センターサルビアホールを会場に、音と踊りを体験できる催しがある。第一部(午後1時半〜3時)は、リサイクル打楽器作成と演奏会、カポエイラ体験(小学生100人対象)、第2部(6時半〜8時)では、本場のサンバなどブラジル音楽を楽しむショー(先着400人)を予定している。

 鶴見中央コミュニティハウスでは、格闘技と音楽・ダンスが融合したカポエイラに挑戦する企画(22日午前10時半〜正午)と、サンバの体験教室(23日10時半〜正午)が行われる。

 また、10月の1カ月間、鶴見図書館や公会堂、地区センターなどで関連イベントも企画されている。詳細は、区ホームページhttp://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/kanko/event/brasil.html、または区地域振興課【電話】510・1691。

沖縄航空券当たる

 23日に開かれる「つるみ多文化交流カラオケ大会」で、実行委員会が追加参加者を募集する。

 対象は区内在住・在学・在勤の個人または3人以下のグループ。出場費用は中学生以上の大人3千円、子ども2千円。先着順で定員50人。申し込みは10月2日までに同大会実行委員会【メール】karaoketaikai@abcjapan.orgへ。優勝者には沖縄ペア往復航空券が当たる。(問)事務局NPO法人ABCジャパン【電話】550・3455

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク