鶴見区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

区内の交通安全支え50年 220事業所集う「安管」

社会

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena
あいさつした八木会長
あいさつした八木会長

 事業者による交通安全活動団体「鶴見安全運転管理者会」(八木敏夫会長=人物風土記で紹介)が、今年創立50周年を迎え、10月21日、ホテル・メルパルク横浜=中区=で記念式典が開かれた。

死者急増で制度化

 企業などの事業所で選ばれた安全運転管理者が集まり、社会の中で交通安全に寄与していくことなどを目的とする同会。全国的に設立されたのは、1965年、道交法改正により法制化された「安全運転管理者制度」がきっかけだ。

 64年に開かれた東京五輪の前後、高度経済成長の波に乗る日本は、道路も車も増え、交通事故も急増。全国の交通事故の死者が、日清戦争の約1万7千人に迫ったことから、「交通戦争」と呼ばれ、事業所等による組織的な対策を推進しようと制度化に至っていた。

10社からスタート

 同会は1966年、鶴見交通安全協会の下部組織として発足。当初は「鶴見安全運転協議会」の名称で活動していた。会員10事業所でのスタートだったという。

 翌年には同協会から分離独立。74年に現在の名称に変更した。

 会員数は現在、220事業所。毎年、交通安全キャンペーンといった数多くの啓発活動を実施。そのほかにも、会員への研修を通じた意識や知識の向上などに努めている。

節目に決意新た

 記念行事には、(一社)神奈川県安全運転管理者会連合会の大木宏之会長ら来賓を含む、約90人が出席。半世紀の節目を祝った。

 鶴見交通安全協会の東海林昭市郎会長は「個人の安全教育は安協、会社事業所は安管と、車の両輪。協力し1件でも事故を減らそう」と話した。

 八木会長は、「価値ある年輪を刻めたのは関係各位のおかげ」と謝意を示した上、「交通ルールの遵守、交通マナーの実践と周知徹底などに意を注いでいく」と決意を語った。

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区犯罪発生状況 特殊詐欺、オートバイ盗などに注意を

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で48人増

マスク着用 促すポスター

マスク着用 促すポスター 文化

仲通・土屋さんが手作り

4月22日号

80歳以上 23日通知開始

80歳以上 23日通知開始 社会

市、ワクチン接種予定公表

4月22日号

異文化交流市が補助金

異文化交流市が補助金 社会

公募始まる

4月22日号

投開票は8月22日

横浜市長選

投開票は8月22日 政治

五輪避けた日程に

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter