鶴見区版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

市場小新設校 名称は「けやき分校」へ 児童から公募

教育

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena
分校体制になる予定の市場小学校
分校体制になる予定の市場小学校

 児童数の急増により、市場小学校の分校として開校予定の新設校について、開校準備部会は11月29日、新校名を「市場小学校けやき分校」とする意向を固めた。児童から公募した案から選定した。

 同校周辺では工場跡地などで住宅開発が進み、人口が増え続けている。現状の校舎では将来的に児童を受け入れられないため、横浜市は市の下水道用地を一時利用し、開校期間10年の新校建設を計画。2020年の開校を目ざし準備を進めている。

 通学区域や学校名、通学安全対策については、自治会町内会やPTAなどから成る開校準備部会が検討してきた。検討内容は、意見書として横浜市学校規模適正化等検討員会へ提出。教育委員会の審議と議会の議決を経て確定する。

 意見書に盛り込む項目として、これまでに新設校を分校として設置する方針が決定している。

 分校名は、児童から公募された。集まった339案の中から、教員が絞った「けやき分校」「第二分校」「輝き分校」の3案について準備部会で検討。3案の中でも児童からの支持が高く、学校のシンボルツリーである欅を採った「けやき分校」が選ばれた。

通学路14カ所に改善案

 29日の準備部会では、分校通学路の安全を確保するための改善案もまとめた。

 案は、10月にPTAや地域住民らで実施した通学安全点検をもとに作成。点検では市場小からと、古市場踏切の人道橋から分校までの2ルートを実際に歩いた。

 安全面に課題がある場所として挙がったのは14カ所。見通しが悪く、交通量の多い「スカイコート鶴見2」傍の四叉路には、「飛び出し注意」の標識を置くことや、暗く、壁の汚れが目立つ横須賀線ガード下には街灯を整備することなどが検討された。

 案は要望書として区役所や鶴見警察などの関係機関へ提出され、整備の実現について検討される。

1月に総括

 次回の準備部会は1月26日に開催予定。部会の総まとめとして、通学区域、学校名、通学安全対策の方針をまとめた意見書の詰めの作業を行う。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

ヘアドネーションに挑戦

東寺尾北台在住松本さん

ヘアドネーションに挑戦 社会

55歳男性が2年かけ寄付

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

子育ての悩みに寄り添う

子育ての悩みに寄り添う 社会

民間の相談施設が開所

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 経済

事業所にセミナーと研修

5月12日号

ちむどん切手を発売

日本郵便(株)南関東支社

ちむどん切手を発売 文化

市内133局で限定販売

5月5日号

江ヶ崎でマルシェ初開催

江ヶ崎でマルシェ初開催 コミュニティ社会

「地域活性化の一助に」

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook