鶴見区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

鶴大で貴重な源氏絵 尾形月耕の”逸品”展示中

文化

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
見学者に解説する高田教授(手前)
見学者に解説する高田教授(手前)

 鶴見大学図書館で現在、貴重書展「華麗なる源氏絵―尾形月耕の才筆―」が行われている。展示期間は2月28日まで。

尾形月耕は、雑誌の口絵や本格的な日本画を独学で手がけた明治の絵師。今回はそんな月耕が、もととなる源氏物語の本を読み込み仕上げた、木版画の大判錦絵『源氏五十四帖』の一部が展示されている。

同大文学部の高田信敬教授は「白黒の資料から想像でつけた色彩の素晴らしさ、風景画としても耐えうるもの」と見どころを解説。ぼかしの技術など、明治時代の木版画のレベルの高さも必見だという。

期間中の22日午後2時〜3時まで、高田教授による講演会も実施。もとになった本とともに、切り取った場面などを解説する。展示・講演会とも入場無料、申込不要。展示は平日午前8時50分〜午後8時、土曜〜6時(日・祝休館)。

 詳細の問合せは鶴見大学図書館【電話】580・8274。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク