鶴見区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

生麦3商店街で「まちゼミ」 商店主が講座 9月から

社会

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 生麦周辺の3商店街周辺で9月1日〜30日までの1カ月間、商店主らが講師となり、プロならではの知識や技術を提供する講座企画「まちゼミ」が開かれる。全国各地で開かれる同企画だが、鶴見では初開催。参加店は「横のつながりを生み、活性化になれば」と話す。

 まちゼミは、2002年、愛知県岡崎市で始まった企画。「勧誘や販売はなし」というルールのもと、コミュニケーションを重視した少人数制の無料講座を行うものだ。商店街活性化や地域、受講する顧客にも還元される事業として全国に広がった。これまでに全国300地域、1万3千店舗が取り組んでいる。

18店24講座そろう

 初開催となる生麦では、生麦駅前通り商友会、岸谷商栄会、花月園駅前通り花商会の3商店街を中心に、18店舗が参加。全24講座が展開される予定だ。

 講座内容は、各店とも工夫を凝らしたものばかり。理容店の子供向けシャンプー法、和菓子店のクリームあんみつ作りが学べ、乾物店ではダシの話が聞けるなど、プロの豆知識を知ることができる。

 (株)全国商店街支援センター協力のもと実施されるまちゼミ。各店とも本番を前に、生みの親である松井洋一郎さんらを講師に、4回の研修をこなしてきた。

 主催となる生麦盛り上げ隊という団体を立ち上げ、中心となって企画したハッピーバーバーマツノの松野良明さんは「みんな一生懸命考えてくれた。多くの人に楽しんでもらえれば」と話している。

 受講料は無料(材料費がかかる場合あり)。各講座とも定員あり。開催日時・詳細問合せ先等はホームページhttp://www.iitoko.co.jp/内チラシまたは「生麦deまちゼミ」フェイスブックページ参照。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

”防災のまち”に大臣賞

市場西中町

”防災のまち”に大臣賞 社会

16年 地道な取組に評価

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク