鶴見区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

「母」に学ぶ郷土料理 福島・棚倉町と交流企画

文化

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena
棚倉町の母が料理を伝授
棚倉町の母が料理を伝授

 鶴見区との友好交流都市福島県棚倉町の「母ちゃん」と郷土料理を作るイベントが2月7日、末吉地区センターであった。

 レアールつくの商店街にあった同町を含む区の友好交流都市のアンテナショップ「kura─cafe」では以前からこのような交流が行われていた。しかし、2017年に同店が閉店したことから、同店の元店長で閉店後イベント企画会社「ふくわらい」を立ち上げた中村郁子さんや棚倉町、末吉地区センターが中心となって企画。同センターでの開催は2回目となる。

 当日は定員となる15人が参加。棚倉町の農家の母ちゃんが「冬野菜で体を温める」をテーマに、えごまを使ったけんちん汁、五目おふかし、ゆずりんご、ゆずまき大根、イカにんじんなど田舎の郷土料理を伝授した。

 参加者からは「料理のポイントが分かりやすく学べた」「家庭でも活用したい」といった声が挙がっていた。

 中村さんは「農家の母は素材を無駄にしない料理の知恵など良く知っている。今後も様々な形で開催していければ」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter