鶴見区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

江ヶ崎町内会の会長として地域をまとめる 黒川 治宣さん 江ヶ崎町在住 75歳

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena

知行合一(ちこうごういつ)で”やってみる”

 ○…新しいマンションが次々に建ち、人口増が続く江ヶ崎町。「放っておくとバラバラの町になってしまう」。危機感を感じ、サマーフェスやペット同伴の防災訓練など次々に新しい企画を練り、顔の見える地域作りのために奔走。自治会でボランティアが行っていた地域猫の活動も後押しした。「元を正せば人間の勝手。これ以上、不幸な猫を増やしたくなかった」。江ヶ崎の合言葉は「みんな一緒in江ヶ崎。みんなが安心して気持ちよく暮らせる町にしたい」。強い思いで活動を続ける。

 〇…生まれも育ちも江ヶ崎。「昔は28軒しか家がなかった」と当時を振り返る。矢向小、私立中・高と通い、大学卒業後、大手電機メーカーの人事や総務として働く。その頃から式典やバス旅行の企画など、人を動かす仕事に携わっていた。58歳の時、前任の町内会長から声がかかり、会計として活動に参加。「育った町だから良くしたいという気持ちがあった」。会長を務めて12年。「こんなに長くやることになるとは思っていなかったけどね」と笑う。

 〇…小学校の頃から野球一筋だった。始まりは、尊敬する担任の教諭が野球をやっていたこと。4番でエースを務めるなど活躍していたが、中学生の頃、投げ過ぎで肩を壊した。それでも高校・大学・社会人と野球を続けた。次第に仕事が忙しく、遠のいてはいったが、野球仲間から会社の人材を紹介してもらうなど、培ったものは大きかった。

 〇…最近は神社の世話人を新住民が引き受けてくれるなど、顔の見えるコミュティ形成が広がっているように感じている。疎遠になりがちなマンションの住民らにも必ず声を掛ける。大切にしているのは「知行合一」という言葉。「知識があってもやらなければ知らないのと一緒」という意味だ。「考えているだけでは何も変わらない。新住民の人たちにもやりたいことをまず伝えないと」。愛する地元のため、地道に活動を進める。

鶴見区版の人物風土記最新6

高内 左枝子さん

喫茶ラズベリーでこども食堂を開く

高内 左枝子さん

下末吉在住 

12月2日号

渡邊 浩さん

矢向地区連合町内会や社会福祉協議会などの会長を務め、地域のため奔走する

渡邊 浩さん

矢向在住 73歳

11月25日号

大野 慶太さん

様々なアイデアでまちに貢献する東宝タクシー(株)の代表取締役社長

大野 慶太さん

鶴見中央在勤 44歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

古木 嘉夫さん

(一社)神奈川県警親会鶴見支部の相談役であり、現役最年長

古木 嘉夫さん

馬場在住 96歳

11月4日号

慶野 未来さん

珈琲専門店山百合を受け継ぎ、修行を積む

慶野 未来さん

鶴見中央在勤 25歳

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook